ホーム > コ ンピュータ > CMS(コンテンツ管理システム) > WebMatrix

WebMatrixを使う

新規更新日 2015.03.10
最終更新日 2015.03.10

WebMatrixとは

WebMatrixは、Microsoftから無料で提供されている、CMSをパソコン上で実行するための環境です。 ご使用のパソコンに、CMSを実行するためのローカルサーバを構築できます。 html,cssで作成したサイトも編集することもできますが、その機能は貧弱なので別のソフトを使ったほうが適切です。

WordPressをローカルで利用できる環境を整える

WordPressを使ったWebサイトを作成する場合、インターネット上に公開するしないにかかわりなく、 「PHPが利用できるサーバ」と「MySQL」が利用できる必要があります。

ローカルとサーバ上の同期の手間などを考えると、使用するWebサーバーの能力によりますが、 初めからサーバのみの環境で初めたほうが手間が少ない可能性もあります。

デザインの試行錯誤をして、複数のデザインを比較する場合、ネットワーク上のサーバに影響なく実行できるので、 使い方によっては、便利な場合もあると思います。

私は、レンタルサーバを借りる前に、WordPressの操作を学ぶこと、サイトのデザインを作成するためにWebMatrixを使用しました。

ローカルサーバ環境を構築する

ローカルサーバを構築するアプリケーションに、「XAMPP」(Windows,MacOSX),「MAMP」(MacOSX)があります。

WebMatrixと同様にWindows上にローカルサーバ環境を構築する「XAMPP」を共存させる場合には、 MySQLの設定を変更しないと同じデータベースを使用しようとして問題が発生するようです。ご注意ください。

WebMatrixをインストールする

ここでは、それらを使わずに、「WebMatrix」を使用することにします。

ダウンロードとインストール

WebMatrixをインストールして、ローカル環境でWordPressを使えるようにします。

WebMatrix、MySQL、WordPressをインストールすることになります。

Web Platform Installerを使い、WebMatrixにWordPressをインストールする

WebMatrixインストール時に、一緒にWordPressをインストールしなかった際の対処方法の1つです。 「Web Platform Installer」をインストールすると、インストール時に表示されたプラットホームインストーラーが表示されます。

使ってみる

WebMatrixで作成したWordPressを使用します

インストールの際に作成したWordPressサイトを開きます。

作成する

新しいサイトを作成します

書籍に掲載されているサンプルサイトを試したりする際にも、新しいサイトを作成します

アプリケーションギャラリーから、WordPressをインストールする

アップロードする

管理する

参考サイト

公式オンラインマニュアル(日本語)(外部サイト)

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system