ホーム > コ ンピュータ > CMS(コンテンツ管理システム) > WordPress

WordPressを使う

新規更新日 2015.03.09
最終更新日 2015.03.23

このカテゴリーについて

サイト作成にWordPressの評価が高いので、どのようなものが実際に使って確かめてみようと思いました。

環境を整える

WordPressを使ったWebサイトを作成する場合、インターネット上に公開するしないにかかわりなく、 「PHPが利用できるサーバ」と「MySQL」が利用できる必要があります。

WordPressは、サーバ上で動作させるシステムなのですが、初めからWeb上のサーバに作成するのは効率が悪い気がしました。 そこで、パソコン上に実行環境を作成し、その中で作成した後、サーバにアップロードします。 ですが、アップロードのデータ量に制限がない場合、ローカルとサーバ上の同期の手間などを考えると、 初めからサーバのみの環境で初めたほうが手間が少ないと思います。

ローカルサーバ環境を構築する

ローカルサーバを構築するアプリケーションに、「XAMPP」(Windows,MacOSX),「MAMP」(MacOSX)があります。

WebMatrix

ここでは、それらを使わずに、「WebMatrix」を使用することにします。

アップデートする

WordPressに新しいバージョンが公開されると、管理画面のダッシュボードに更新を促すメッセージが表示されます。

WP Multibyte Patchを有効化します

WP Multibyte Patch は、本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。

作成する

  • WP SiteManager(外部サイト)
  • 色々な機能がまとめて利用できます。

  • WP Super Cache
  • データベースアクセスのキャッシュを作成して、表示速度を向上します。

アップロードする

WordPressは、サーバ上で動作するので、通常アップロードの操作は、必要ありません。 しかし、ローカルサーバで上で作成している場合は、アップロードの手順が必要になります。

管理する

テーマ

WordPressは、テーマよと呼ばれるスタイルを元にサイトを作成していきます。

WordPressでパスワードを忘れた時のログイン方法(外部サイト)

WordPress自体のチューニングが必要な理由と高速化の基本的な考え方(外部サイト)

ページトップへ

参考サイト

公式オンラインマニュアル(日本語)(外部サイト)

WordPress日本語フォーラム(外部サイト)

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system