ホーム > コンピュータ > webツール > Expression Web 4 > 新しいサイトを作成する

ベクトルドロー・レベルゼロ+

Webサービスタグを取得する[Web]

新規作成日 2015-11-06
最終更新日

これまでの状況

ここまでで、目的のサブドメインに、メニューページをパブリッシュしました。

今回は、サイト解析サービスやアフィリエイトプロバイダにサイトを登録し、解析タグ、アカウントを取得します。

登録する解析タグとアフィリエイトプロバイダ

解析タグ

今まで使用してきたものを登録します。

Fc2アクセス解析(外部サイト)」は、複数サイトへの登録方法がわからなかったので、 使用をあきらめ、Value-Domeinのアクセス解析[AccessAnalyzer.com(外部サイト)] (アクセスアナライザー) を使用することにしました。

アクセス解析ソフトについては、調べていませんので、特にこだわりも、知識もありません。サイト訪問者やPV(ページビュー)数を見ながら、 人気のあるテーマを判断するためにぐらいの使い方です。

アフィリエイトプロバイダ

サイトごとに申請が必要なものは、サイトの移行が終了してから申請します。

AdSenseは、アカウントごとの登録ですので、この時点で登録します。 また、Adsenseは、認証されないと、表示されなかったり、表示されても収益が発生しないだけで、広告タグは、発行され、サイトに張り付けることができます。 そのため、テンプレートを作成する際に、広告タグを取得し、張り付けておいた方が作業が軽減できます。

そのほかのアフィリエイトサイトは、サイトごとに認可された後に、広告タグを張り付けます。

サイト内検索タグの入手

サイト内検索タグは、「AdSenseの広告付き検索タグ」と「通常の検索タグ」があります。

「AdSenseの広告付き検索タグ」を使用する場合は、サイト内にAdSenseのポリシー違反の内容は一切含めてはいけません。 ポリシー違反の内容が存在するページが検索されたとき、たとえそのページに広告タグがなくても、検索ウィンドウに表示される検索と一緒に表示されるのでポリシー違反が発生します。

私は、サイト内検索は、あまり使用されないので、リスクを冒さず「通常の検索タグ」を使用しています。

作成したページやテンプレートに適用します。

これで、サイトの基本部分が完成しました。これを基にサイトを作成していきます。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system