ホーム > コンピュータ > webサイト作成 > サイトスペース> Core-Mini設定

レンタルサーバCore-mini側にURLを設定する[Web]

新規作成日 2015-11-04
最終更新日

独自URLの登録

※「利用手順」は、バリュードメイン側のユーザーガイドを参考にする必要があります。

低価格帯のレンタルサーバCore-miniに、URLを設定します。

サーバー設定

管理画面からサーバーを選択します。

管理画面からサーバーを選択します。

[CORESERVER]内の「取得済みサーバーアカウントの管理・購入」をクリックします。

[CORESERVER]内の「取得済みサーバーアカウントの管理・購入」をクリックします。

「サーバ設定」をクリックします。

「サーバ設定」をクリックします。

「入室」をクリックします

「入室」をクリックします

「ドメインウェブ」をクリックします。

項目中ほどの「ドメインウェブ」をクリックします。

Mainに取得した独自ドメインを入力します。

Mainに取得した独自ドメインを入力します。Main独自ドメインを取得すると最初に指定したサブドメイン(xxx.xxx.coreserver.jp)が使えなくなります。 このサブドメインを使用したい場合、mainは、「blank」にして、subに独自ドメインを指定します。設定の注意点は、転送先URLは、「html://」を省略できないことです。

※ 「Main」で設定するドメインは、「public_html」フォルダにアップロードして運用できます。

※ 「Sub」で設定されているドメインは、「public_html/ドメイン名」フォルダにアップロードして運用できます。

 

サーバーアカウントのサブドメインは、使う予定は、ありません。しかし、MainとSubでは、ディレクトリの位置が異なるため、 両方使うと混乱のもとです。そこで、Mainは使わないことにして、Sub1以降に、実際に使用する独自ドメインを記入します。

転送先URLの機能を使用して、www.abc.comとabc.comをまとめておきます。DNSにより同一と判断されますが、実際には、別のURLです。 この違いを利用して、使われていないどちらかのURLを無断で利用されることがあるといわれていますので、ドメイン設定で転送することで同一にしています。 本来は、末尾のスラッシュのありなしも同一にまとめる必要があるようですが、そこは、設定がよくわからないので、放置することにします。

wwwのありなし、どちらを実際に存在させるかは、作法があるかもしれませんが、これもよくわからないので、どちらでもいいと考え、wwwなしに実際のサイトを格納します。

サブドメインを登録する

サブドメインは、ドメインの前にピリオドで区切った文字列を付けたものです。先程の例では、www.abc.comは、abc.comのサブドメインになります。

使い方として適切なのかはわかりませんが、今回、運営しているサイトを移行するにあたり、カテゴリの一部をサブディレクトリとして独立させます。

設定方法は、同じです。以下のように指定して、webdesign.vdlz.xyzというサブドメインを作成します。

サブドメインを指定する

FTP設定

FTP設定

「ドメインウェブ」設定と同じく、「サーバ設定」の項目にFTP設定があります。

FTP設定の詳細

※暗号化されたFTPは、設定画面を見る限り使えないようです。実際に使えるか、使えないかはわかりませんので、必要な場合は、サポートに問い合わせる必要があります。

FTPアカウントは、すべてのフォルダを読み書きできるので、他のURLに割り当てたフォルダを間違って編集してしまう可能性があります。 そこで、作成したサブドメインのフォルダ(ディレクトリ)を指定したサブFTPアカウントを設定し、このドメインのサイトのフォルダを編集する場合は、このアカウントを使用します。

参考サイト

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system