ホーム > コンピュータ > webサイト作成 > サイト作成、運用

サイト引っ越しへの道(準備編)サイトテンプレートの作成[Web]

新規作成日 2015-10-22
最終更新日

このページについて

ページビューもサイト訪問者もジワリジワリとしか増えません。 そうなると、なんだかサーバが原因のような気がしてきます。これを機会に、低価格帯のレンタルサーバ、独自URLに移行するための準備をしたいと思います。

これを機会に、現在使っているサイトテンプレートも修正しようと思います。

サイトテンプレートの作成

使用するHtmlエディタ

しばらくHtmlエディタを探したのですが、しっくりするものがなく、ExpressonWeb4を使用しています。

確認したツールは、「各種webツール」を参照してください。

製品として販売されている「ホームページビルダー」「Bind」「シリウス」などの購入も考えたのですが、既に、サイトを作成していたので購入を決断できずに現在に至っています。

サイトテンプレート作成の方針

今回は、ExpressonWeb4で、html5,css3を使用した、レスポンシブデザイン対応の「ダイナミックWebテンプレート」を作成することに挑戦してみたいと思います。

「ダイナミックWebテンプレート」については、こちら(外部サイト)を参考にしてください。

では、実際に、テンプレートを作成していきます。少し作業してみたとことろ、簡単に進みそうにないので別ページ にまとめて紹介することにします。少しずつ高機能化していこうと思います。

サイトを公開した後に行うこと

現行のサイトとほぼ同じデザインのExpresson Web 4のダイナミックwebテンプレートが作成できました。でも、このテンプレートは未完成です。

サイトを公開しないと確定出来ないデータが存在します。ここで、それを確認しておきます。

  • アフィリエイト広告タグ
  • 解析タグ
  • Serch Consoleタグ
  • ページ内検索

これらのタグは、実際にサイトが存在しないと取得できません。また、すべてのページに張り付けるので、テンプレートに入れておきたい内容です。

ExpressonWeb4の「ダイナミックWebテンプレート」では、テンプレートを修正するとテンプレートから作成したページすべてを修正するので後からの挿入も簡単です。

そうでない場合は、挿入位置をあらかじめ確認しておき、検索置換でタグを挿入するための文字列を挿入しておきましょう。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system