ホーム > コンピュータ > webツール > Aptana

Rubleを地域設定する[Aptana]

作成日 2015.02.05
最終更新日 2015.02.05

原文

Aptana Documents Rubles:Localizing a Ruble(外部サイト)

公式ページのドキュメントです。英語です。

概要 Overview

UI文字列のロケール固有の変換を可能にするために、ルーブルは、Railsアプリケーションに使用されものと非常に類似しているシステムを使用します。

ローカル設定ディレクトリ Locales Directories

変換を必要とする可能性があるどんな文字列も、<ruble>/config/locales/<locale>.yml内のファイルに抽出されます。 それぞれの変換は、<ruble/config/locales/>ディレクトリのYMLファイルに保存されます。 ファイル名は、どんな言語やローカル設定とも一致する必要はありません。 しかし、そうするのは、役立っています。 それで、en.ymlファイルは、UI文字列の英語の変換を格納する必要がありますが、それは必要ありません。

文字列を外部に分離する Externalizing the Strings

ルーブル・コードの中に、変換するために、私たちは文字列を外部に分離します。 そうするために、私たちは、t(key, variables = {})メソッドを呼び出し、文字列の取扱いを入れ替えます。 例えば、私たちは、定義された以下のコマンドを持っています。:

commands/example.rb


command "Example" do |c|
  ...
end
			

私たちは、「Example」文字列を文字列を表す新しいキーと入れ替えます。 そして、t translateメソッドへの呼び出します。 その文字列は、鍵となる一対として、config/locales/en.yml内の英語の変換パックに移動されます。 キーは、私たちが文字列を置換するために選択した記号です。そして、値は、私たちが置換した文字列です。

commands/example.rb


command t(:example) do |c|
  ...
end
			

ここに、簡単なメモがあります。 翻訳パックのroot "en:" keyは、en (或は英語) 言語に属しながら、インデントされた鍵-値対をまとめます。 単純にファイルにen.ymlの名前をつけることは、同封された文字列を英語として結びつけることはありません。

config/locales/en.yml


en:
  example: "Example"
			

それらの中に変数がある文字列 Strings with variables inside them

文字列が、単純に静的な値でなく、値を中に挿入する場合、t(key, variables = {})メソッドの完全な署名の書式を使用する必要があります。

commands/variables.rb


command "Power of #{number}" do |c|
  ...
end
			

私たちは、"Power of #{number}" 文字列を、新しい鍵で示される文字列に置換します。 そして、t translateメソッドに呼び出します。その文字列は、config/locales/en.yml内の英語の変換パックに移動されます。 鍵となる一対として、キーは、私たちが文字列を置換するために選択した記号です。 そして、値は、私たちが置換した文字列です。文字列の補間が{variable_name}構文に変更されていることに注意します。 そして、引数ハッシュのキーは、variable_nameと一致する必要があります。

commands/variables.rb


command t(:complicated, :number => x) do |c|
  ...
end
			

config/locales/en.yml


en:
  example: "Example"
  complicated: "Power of {number}"
  			

変換検索 Translation lookups

翻訳を検索するとき、私たちは、現在のロケール設定を取得し、 まず、完全な<language>-<country>ロケール設定文字列と一致させようと試みます。 次に<locale>、そして、最後に、enロケール設定に戻ります。

それで、わたしたちのロケール設定がen_USの場合、 私たちは、en-USを、次に、en文字列を見つけようとします。 わたしたちのロケール設定が、es_ESである場合、私たちは、es-ES、次に、es、次に、enを試して見るでしょう。

翻訳パックに貢献する Contributing a translation pack

あなたが、翻訳の設定に貢献したいと思う場合は、これを行うには、2つの異なる方法があります。

ルーブルを分岐する Forking the ruble

理想的には、行うための最初の手順は、あなたが貢献しているルーブルを分岐することです。 大部分のルーブルは、https://github.com/aptanaで見ることができます。 私たちは、一例としてZen Codingルーブルを使います。 それは、https://github.com/aptana/zen-coding.rubleで見つかります。 そのページで、右上のForkボタンをクリックします。 そして、あなたは、あなたが修正するためのために、ルーブルの分岐したクローンを作成することができるでしょう。 あなたは、現在、動作させるためのクローンを手に入れることができ、一旦、あなたは、変更する条件を満たします。 あなたは、続いて、あなたの変更を組込むために、私たちにpullリクエストを発行ことができます。

新しい翻訳を追加する Adding a new translation

ルーブルの中に、あなたは、あなたの翻訳を格納するファイルを追加したいでしょう。 (言語が、まだサポートされないを想定します)。私たちは、一例としてスペイン語を使います。 私たちは、zen-coding.ruble/config/locales/es.ymlにファイルを追加します。 英語のファイルがすで存在する場合、開始するための最も簡単な方法は、 zen-coding.ruble/config/locales/en.ymlをzen-coding.ruble/config/locales/es.ymlへ単純にコピーすることです。 続いて、私たちは、ファイル内のルートenキーをesに変更するでしょう。 あとは、それは、単純に、(インデントされた対の右側の値を)それらのスペイン語の同義語に、文字列値を変更する問題です。
AptanaのドキュメントRubles
Aptana
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system