ホーム > コンピュータ > webツール > Aptana

簡単なコマンド[Aptana]

作成日 2015.02.05
最終更新日 2015.02.05

原文

Aptana Documents Rubles:A Simple Command(外部サイト)

公式ページのドキュメントです。英語です。

概要 Overview

このレシピでは、私たちは、簡単なRubleコマンドを作成する方法を示します。 それに、メニューを配置します。そして、必要に応じて、それを鍵となるコマンドに結合します。

コード The Code

以下のスニペットでは、私たちは、選択されたテキストの大文字と小文字を切り替えるために、Rubyの「swapcase」コマンドを使用します。 これは、全体がRubleファイルにもかかわらず、あなたは、独自の既存ファイルにメニュー・アイテムとコマンドを追加することができます。

require 'ruble'
  
bundle do |bundle|
  bundle.display_name = 'My Ruble'
  bundle.menu 'My Ruble' do |menu|
    menu.command 'Swap Case'
  end
end
 
command 'Swap Case' do |cmd|
  #cmd.key_binding = 'SHIFT+CTRL+A' # uncomment for a key binding
  cmd.scope = 'source'
  cmd.output = :replace_selection
  cmd.input = :selection, :word
  cmd.invoke do |context|
    word = $stdin.gets
    context.exit_discard if word.nil? # exit if the selection is null
    print word.swapcase
  end
end
			

一旦、作成され、有効化すると、ドキュメント内のテキストを選択し、上記のコマンドを実行してください。 それは、あなたのテキストの大文字と小文字を反転させます。:

Wrap Each Selected Line => wRAP eACH sELECTED lINE

環境変数を使用して、stdinから読取るよりはむしろ、 (一番上の上の"input = :selection, :word"に注意します)、また、あなたは、環境変数を使用することができます。:


command 'Swap Case' do |cmd|
  #cmd.key_binding = 'SHIFT+CTRL+A' # uncomment for a key binding
  cmd.scope = 'source'
  cmd.output = :replace_selection
  cmd.invoke do |context|
    word = ENV['TM_SELECTED_TEXT']
    context.exit_discard if word.nil? # exit if the selection is null
    print word.swapcase
  end
end
			
AptanaのドキュメントRubles
Aptana
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system