ホーム > コンピュータ > webツール > Aptana

プラットフォームごとにRubleの項目にフィルターをかける[Aptana]

作成日 2015.02.05
最終更新日 2015.02.05

原文

Aptana Documents Rubles:Wrapping an item in a per-platform conditional(外部サイト)

公式ページのドキュメントです。英語です。

概要 Overview

ときどき、あなたは、スニペット、コマンド、サンプルや他の項目が、特定のプラットホーム上でのみ表示されることを望みます。 そのためには、あなたは、いくつかのプラットホーム指定子を使用することができます。

プラットホームごとに、条件を付けて項目をラップします。
Wrapping an item in a per-platform conditional


require 'ruble'
 
if Ruble.is_mac? || Ruble.is_linux?
  project_sample "Kitchen Sink" do |s|
    s.id = "com.appcelerator.titanium.mobile.samples.kitchensink"
    s.category = "com.appcelerator.titanium.mobile.samples.category"
    s.location = "git://github.com/appcelerator/KitchenSink.git"
    s.description = "A sample Titanium Mobile project that demonstrates a variety of APIs available in Titanium Mobile"
    s.natures = ["com.appcelerator.titanium.mobile.nature", "com.aptana.projects.webnature"]
    s.icon = "http://preview.appcelerator.com/dashboard/img/icons/icon_kitchen_sink.png"
  end
end
			

Platform

Test

Windows XP

is_windows_xp?

Windows Vista

is_windows_7?

Windows 7

is_windows_vista?

Windows

is_windows?

Unix (includes Linux)

is_unix?

OS X

is_mac?

Linux

is_linux?

プラットフォームごとのオプションの指定
pecifying per-platform options

時には、あなたは、プラットホームごとに、項目が異なる鍵に結合することを希望します。 それは、PLATFORM_SPECIFIERを使用することにより行うことができます。 しかしながら、あなたは、上記のRuble.is_macのように、同じ構文の条件つきのプロパティを使用する設定で、 同じ事を達成することができました。例えば、

require 'ruble'
 
command 'Add to multifile Gist' do |cmd|
  cmd.key_binding.mac = 'CONTROL+OPTION+COMMAND+G' # aka M1+M3+M4+G
  cmd.key_binding = 'M1+M3+G'
  cmd.output = :show_as_tooltip
  cmd.input = :selection, :document
  cmd.invoke do
    require "gist"
 
    Gist.process_selection
  end
end
			

現在、次のプロパティは、プラットホーム指定子だけをサポートしています。:

  • key_binding
  • invoke

他の方法として、また、あなたは、条件文で、さまざまなプロパティの設定をラップすることができました。 それは、先程のセクションからの呼び出しを使用することで、プラットホームを調べます。

AptanaのドキュメントRubles
Aptana
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system