ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > webツール > Aptana

インストールしたAptanaを日本語化します。

作成日 2015.01.17
最終更新日 2015.01.17

インストールする環境

Windows 8.1 64bit 環境にインストールしたAptanaを日本語化します。

ダウンロード

公式サイトからPleiades (プレアデス)をダウンロードします。
Pleiades (プレアデス)
好みの問題ですが、安定版をダウンロードします。
安定版をダウンロードします
pleiades_1.5.0.zipをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを解凍します
ダウンロードしたファイルを解凍します。
フォルダをコピーします。
「features」と「plugins」フォルダをAptanaがインストールされたフォルダにコピーします。 デフォルトでは、わかりにくい場所にインストールされるので注意します。 「C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\Appcelerator\Aptana Studio」
「AptanaStudio3.exe」をタスクバーにピン止めしておきます
「AptanaStudio3.exe」をタスクバーにピン止め、あるいはショートカットを作成しておきます。 タスクバーへのピン止めは、起動してタスクバーに表示されてからでも問題ありません。
「AptanaStudio3.exe」をタスクバーにピン止めしておきます
「AptanaStudio3.ini」の最終行に下記の行を追加して保存します。
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
ワークスペースの選択画面が表示されます。
先程、作成したタスクバーアイコン、あるいはショートカットから起動します。
ワークスペースの選択画面が表示されます。
セキュリティの警告が表示されます。
セキュリティの警告が表示されるので許可します。
Aptanaが起動します。
Aptanaが起動します。
メニューが日本語化されています。
メニューが日本語化されています。

関連サイト

Aptana
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system