ホーム > コンピュータ > サイト作成 > webツール

ベクトルドロー・レベルゼロ+

Search Console(旧ウェブマスター・ツール)[Web]

新規作成日 2015-10-30
最終更新日

Search Console(旧ウェブマスター・ツール)(外部サイト)

Google検索に関する情報が入手でき、また、サイトマップなどの情報を提示することができます。

自分のサイトを検索エンジンにやさしいデザインに変更することで、検索エンジンでの検索順位を向上させ、サイトへの訪問者を増やす目的で使用します。

もちろん、サイトは、検索エンジン向けに作成するのではなく、訪問者の利便性を考えて作成すべきです。その上で、検索エンジンにも優しいサイトデザインを実現しましょう。

検索での見え方

検索での見え方

このカテゴリーで主に使う機能は、「HTMLの改善」です。タイトルタグとディスクリプションタグの書き忘れや重複を確認できます。

検索トラフィック

検索トラフィック

このカテゴリーで主に使う機能は、「モバイル ユーザビリティ」です。モバイルビューに適していないデザインを指摘してくれます。 この機能に頼るだけでなく、実際にモバイル端末で操作性の確認も行ったほうが良いとのことです。サイトへのモバイル端末からの訪問が多い場合は、より重要になります。

クロール

クロール

このカテゴリーで主に使う機能は、「クロールエラー」と「サイトマップ」です。

「クロールエラー」は、リンク切れや存在しないページを表しています。

「サイトマップ」は、検索エンジンのクローラーに向けて、クロールするページを具体的に明示します。 サイトへの訪問者が少ないと、検索エンジンのクローラーは、ちっともクロールしてくれません。 新しいサイトを作成した場合は、「サイトマップ」を登録しないとちっとも訪問者が増えいないので、登録することをお勧めします。

サイトマップの作製は、私は、現在「Visual SEO Studio」を使用しています。 サイトマップを作成した後、サイト階層の一番上「index.html」と同じ位置にアップロード(パブリッシュ)しておきます。

「Fetch as Google」は、強制的に、検索エンジンにクロールさせる機能です。使用上限があり、「月に500件」と「週に500件」という説の両方があります。 すぐに、検索エンジンで、検索してもらいたい場合に使用します。

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system