ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > webツール

Htmlエディタ

最終更新日 2015.01.21

 

世の中にいろいろ提供されていますが、自分の好みにあうものを選択することが大切です。

Expression Web 4

Expression Web 4

WYSIWYG型 HTMLエディターで、コードのインデントは、きちんと保持されます。デザインとコードの切り替えでもたつくこともありません。 ただ、HTML5とCSS3で、記述した場合、デザイナー表示が完全に反映されないようです。(回避方法があるかもしれません)

Aptana

Aptana
定評のあるWebオーサリングツール(統合開発環境:IDE)。 WYSIWYG型 HTMLエディターではありません。Eclipseベースです。

WebStorm (外部サイト)

Aptanaと同種のIDE。有償ですが、より強力なようです。

KompoZer (外部サイト)

KompoZer
定評のあるHtmlエディタ。最終更新が2010-03-11なのがちょっと気になります。
KompoZer User Guide (外部サイト)

Brackets

オープンソースのWebアプリ開発向けのコードエディター。JavaScript、HTML、CSS で記述されているのでこれらの言語が、使える方は自分で機能を追加できます。 拡張機能を追加していくスタイルであり、v0.44では、インストールしただけの状態では、Htmlの入力支援機能は多くはありません。 「Google Chrome」上に追加したコードをリアルタイムに反映させる機能があります。
公式サイト:Brackets (外部サイト)
オープンソースで開発されているWebアプリ開発向けのコードエディター (外部サイト)

SeaMonkey Composer

SeaMonkey Composer
公式サイト : SeaMonkey (外部サイト)
本来は、webブラウザですが、Htmlエディタが秀逸です。 2.19になって、広告コードが存在しても、軽快に動作するようになっていますので、有力な選択肢だと思います。 [ウィンドウ]→[Composer]でエディタが起動します。

BlueGriffon

BlueGriffon
SeaMonkeyのComposerから、分岐した、機能拡張したスタンドアロン版のようです。
「Expression Web 4」から移行しようかどうか検討しました。 cssを作成するのに有料のアドオンが必要なことがわかりましたので評価を終了します。 あまり、使い込んでいないので、BlueGriffonでなければというところも見つけることができませんでした。

Chrome Dev Editor

ブラウザChrome上で動作するエディタ、ハイライト表示に対応。インストールは、Chromeからアクセスし、Chromeに追加をクリックします。

CKEditor (外部サイト)

WebMatrix (外部サイト)

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system