データム形状の表示・非表示を切り替えます。[PTC CreoEP(Pro/E)]

ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > 機能 > 全般

データム表示の表示・非表示の切換え

データムの表示・非表示
ツールバーにあるデータムの表示・非表示は、起動時は全てチェックが入った状態になっています。
モデリングが進むと表示が邪魔になります。
モデリングが進むと表示が邪魔になります。
必要なデータムのみ表示させることで、見やすくすることができます。

データムの説明

データム平面

データム平面
作図や押し出しに使う際に作成する平面です。
データム平面
モデリングの際、作成したデータム平面が表示されます

データム軸

データム軸
穴を作成したりすると作成されます。
データム軸
穴を作成したところにデータム軸が自動で設定されています。

データム点

データム点
このモデルでは、使用されていません。

座標系

座標系
x,y,z座標系です
座標系
座標系がそれぞれのモデルの原点に表示されます。

アテネーション要素

アテネーション要素
立体に付加されるコメントです。ねじ穴を作成するとそれに付随しています。
アノテーション要素
ねじ穴を作成したところに自動で設定されています。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system