ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > CAD利用技術者試験

パターン複写について考えて見ます。[CreoEP]

作成日 2015.04.03
最終更新日 2015.04.03

概要

CreoElement/Proでは、複数の押し出しで構成される複合的な形状をパターン複写すると、エラーが発生し、失敗します。 ここでは、3D-CAD利用技術者試験のサンプル問題 問1を参考に、複合的な形状をパターン複写する方法について考えて見ます。

問題の所在

サンプル問題(外部サイト)

公式ページ(外部サイト)に、 試験に利用できるCADか判別するための問題が公開されています。

純粋に試験を受ける場合は、パラメトリック系ではなく、ダイレクト系のCADを選択したほうが難易度が下がる可能性が高いです。

モデルデータムの作成

追加したモデルデータム

操作を明確にするために、必要な基準点、軸、面はあらかじめ作成しておきます。

目的とする形状

途中までしかモデリングできていません。

この形状は、FreeCADで作成しました。FreeCADでは、問題は、途中までしか解いていません。

パターン複写が失敗したモデリングルート

エラーが発生し、想定する形状が作成できません。

順番にモデリングすると、CreoElement/Proでは、放射状パターンの作成に失敗します。※注 設問が意図する形状とは異なっています。

形状を押し出し、更にカットした形状をパターン複写します。

ソリッドモデルAを無限平面Bで切断

上で紹介したパターン複写が失敗したモデリングルートと 操作は同じですが、寸法が間違っていたことが分かったので再度モデリングします。

カットする前の形状とカットする形状を別々にパターン複写します。

パターン複写した形状を参照して、カットする形状のスケッチを作成

完成です。

パターン複写した形状の、面や稜線は、スケッチの参照として使用できない事が確認できました。 そのため、途中でモデリングを中止しましたが、後で、 参照ダイアログで「2次元断面」を選択すれば、スケッチ平面との交線が選択できることがわかりました。 設問1まで解いています。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system