ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > CAD利用技術者試験

CreoElement/Proで3D-CAD利用者技術者試験のサンプル問題を解く 問3 設問10[CreoEP]

作成日 2015.04.07
最終更新日 2015.04.07

概要

問3では、部品をモデリングして、モデリングした部品をアセンブリ機能で組み立てます。

サンプル問題(外部サイト)の所在

公式ページ(外部サイト)に、 試験に利用できるCADか判別するための問題として公開されています。

完成形状

設問10 完成形状
設問8、設問9で作成したモデルをアセンブリします。座標は、設問8で作成したq8を基準にします。

設問11

新規作成
新規作成で、タイプにアセンブリを選択します。
作成したモデルを追加します
挿入→構成部品→アセンブリで、作成したモデルを追加します。まずは、基準となる構成部品となる問8で作成したq8を追加します。
構成部品ダッシュボードが開きます
部品を追加すると、構成部品ダッシュボードが開きます。追加したq8の座標をアセンブリ座標系と一致させます。拘束タイプリストのデフォルトを選択します。 これで、q8の座標をアセンブリ座標系と一致しました。
ステータスは、「完全な拘束」になります。
ダッシュボードのステータスは、「完全な拘束」になります。アセンブリを確定して、保存します。
作成したモデルを追加します 作成したモデルを追加します
続いて、同じように、挿入→構成部品→アセンブリで、問9で作成した、q9を追加します。拘束タイプリストの挿入を選択します。
移動しました。
移動しました。
一致する面をクリックします。
一致する面をクリックします。
一致する面をクリックします。
自動で移動します。
一致する面をクリックします。
目的の角度になっていいないので、角度を変更します。変更は、モデルビューの角度の数値をクリックしてい編集するか、ダッシュボードから変更します。 角度を0にすると想定した位置になります。
面を指定します。
面を指定します。
面を指定します。
位置は変わらずに、距離拘束が設定されます。
面を指定します。 面を指定します。
距離を0に変更します。完成です。確定して、保存します。
色を付けます。
わかりにくいので色を付けます。でも、あまりわかりやすくなっていません。

Personal版で作成しているため、製品版では読込めないと思います。PTCから配布されている (PTC Creo View Express(無償))を使うとモデル形状は閲覧できます。ただ、モデルデータムは確認できないので、使用したデータム平面、軸、点は見ることができません。

重心を測定します。
重心を測定します。解析→モデル→質量特性を選択し、メガネマークをクリックします。解答群から[3]が当てはまります。解答を確認すると正解です。
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system