ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > 携帯電話

チュートリアル携帯電話[CreoEP] 背面カバー

概要

ヘルプ内で紹介されている、「Getting Started with Pro/ENGINEER Wildfire (PDF)」の中で紹介されているチュートリアルの一部です。

「背面カバー」のモデリング

押し出し(Extrude)を起動します

押し出し:ツールバー

押し出し(Extrude)のダッシュボードからスケッチツールを起動します

 定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始
ダッシュボードの配置(Placement)パネルを開き、定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始しします。

スケッチ平面を選択します

FRONTデータム平面をスケッチ平面に選択
FRONTデータム平面をスケッチ平面に選択します

スケッチで矩形(Rectangle)ツールを選択します

長方形(Rectangle)ツールを選択して長方形を描く
矩形(Rectangle)ツールを選択して長方形を描きます。

中心線を引きます

垂直線(「RIGHT」データム平面)に中心線を引きます。

矩形(Rectangle)を描きます。

矩形の左下を原点にスナップして矩形を描きます。
チュートリアルでは、指定されているので意識しなくてもモデリングできますが、 どこを中心にするかはモデリングを進めていく際のモデリングのしやすさが変化します

矩形(Rectangle)の寸法を修正します。

 スケッチ
矩形(Rectangle)は、描いたときに、高さと幅の寸法線は一緒に追加されますので、新たに寸法線を追加する必要はありません。
矩形選択で、矩形全体を選択し、寸法修正ツールを選択します。(全ての図形を選択するのに[Ctrl]+[A]は使えません。)
水平 43.75, 垂直 118.75

スケッチャーを終了します。

スケッチャーを終了します。
スケッチャーを終了します。

押し出し(Extrude)ます

押し出し
ダッシュボードで押し出す深さを指定します。

深さ12.50

押し出し(Extrude)ツールを終了します

 
ダッシュボードのチェックアイコンをクリックして、押し出し(Extrude)ツールを終了します

線のプロファイルを押し出して立体を切断します。 

押し出し(Extrude)を起動します

押し出し:ツールバー

押し出し(Extrude)のダッシュボードからスケッチツールを起動します

 定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始
ダッシュボードの配置(Placement)パネルを開き、定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始しします。

スケッチ平面を選択します

RIGHTデータム平面をスケッチ平面に選択します

参照を追加します

参照ツールを起動します。

スケッチ

スケッチ
外部図形の稜線を使いたいので、参照を追加します。 メニューバーから[スケッチ]→[参照]を選択し、使用する外部図形の稜線に参照を追加します。 エッジからの距離は6.25、角度は、9を設定しスケッチを確定します。

除去アイコンをクリックをして押し出します

押し出します
このままだと矢印の側だけが削除されてます。

オプションで両側に押し出します

両側に押し出す
ダッシュボードの、オプションから、サイド2を指定することで両側に押し出すことができます。深さをサイド1、サイド2ともに「次へ」に変更します。

形状を確認します。

プレビューボタン
ダッシュボードのメガネアイコンのプレビューアイコンをクリックして、カット後の図形を確認し、問題がなければ、チェックマーク、あるいは、マウスのホイールをクリックして、フューチャーを確定します。

コーナーのラウンド

ラウンド(Round)を追加する稜線(Egde)を選択する

ラウンド(Round)を追加する稜線(Egde)を選択します。

エッジを選択し、右クリックして、コンテキストメニューを表示させ、「ラウンドエッジ(Round Edge)」を選択します。

ラウンド半径の設定

カットした側のラウンドの半径
カットしたエッジのラウンドは、18,75にします。

1つのラウンドセットに複数のラウンドを設定します。

セット追加 セット追加 セット追加
ダッシュボードのセットをクリックして、「新しいセット」を追加します。このように、セットを追加していくと、モデルツリーの項目をまとめることができます。 参照のところで、ラウンドを実行するエッジを指定します。12.5のラウンド を追加します。

側面に[ドラフト](Draft)を追加します。

ドラフトを実行する面を選択します
ドラフトを追加する面を選択します。ドラフトを追加する面サーフェースのセグメントを1つ選択します。

ドラフトツールを起動します。

ドラフトをするサーフェースのセグメントを1つ選択します。

ダッシュボードから参照を設定します。

参照を設定します。

参照をクリックして、パネルを開きます。

ヒンジの参照として、カバー正面のサーフェスをクリックします。

ドラフトが追加されました

追加されたドラフト
抜き角度に10を指定します。

背面の稜線にラウンド(Round)を追加します。

背面の稜線へ[ドラフト](Draft)を追加します
ラウンドツールを選択し、ラウンドを実行する稜線の1つを指定します。半径 3.75で確定します。

ソリッドのシェル化

シェルツール
シェルツールを選択します。

削除する面を選択します。

面を選択します
削除する面を選択します。

厚みを入力します

ダッシュボードから、厚みを入力
ダッシュボードから、厚み0.75を入力

シェル化した形状

シェル化した形状

押し出し(Extrude)を起動します

押し出し:ツールバー

押し出し(Extrude)のダッシュボードからスケッチツールを起動します

 定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始
ダッシュボードの配置(Placement)パネルを開き、定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始しします。

データム平面を追加します 

データム平面を追加します
スケッチに既存の平面を指定する代わりに、メニューバーから[挿入](Insert)→[モデルデータム](Model Datum)→[平面](Plane)の順にクリックします。

[データム平面](DatumPlane)プロパティダイアログが開きます。

[データム平面](DatumPlane)プロパティダイアログ
[データム平面](DatumPlane)プロパティダイアログが開きます。

TOPデータム平面を選択します。

TOPデータム平面を選択します

オフセットを設定します。

オフセットを設定します。 オフセットしたデータム平面
オフセット(Offset)の直線移動(Translation)に121.25を入力します。

オフセットしたデータム平面をスケッチ平面に指定します。

オフセットしたデータム平面をスケッチ平面に指定します。
オフセットしたデータム平面をスケッチ平面に指定します。

円突起部分のプロファイルを作成します。

スケッチ
円突起部分のプロファイルを作成します。

深さタイプを指定する

深さタイプ
深さタイプで、「次へ」(TO Next)を選択します。

形状を確認します。

形状の確認 プレビューボタン
ダッシュボードのメガネアイコンのプレビューアイコンをクリックして、カット後の図形を確認し、問題がなければ、チェックマーク、あるいは、マウスのホイールをクリックして、フューチャーを確定します。

軸を指定して穴を開けます

穴:ツールバー
穴ツールを選択します。

穴を開ける軸を選択します。

軸と面を指定します。 面は、Ctrlキーを押しながら選択する必要があります

穴を開ける軸と面を選択します。貫通穴でも面を指定する必要があります。

配置タブの配置(Placement)をクリックして、Ctrlを押しながら穴を開ける面を選択します。

[穴](Hole)の直径を指定します。

直径を指定する
ダッシュボードから、穴の直径を3.25に設定します。

深さタイプを指定します。

深さオプション
深さオプションを[次へ](To Next)にします。

プレビューアイコン完成形状
プレビューで図形を確認し、問題無ければ、チェックボタンをクリック、または、マウスのホイールをクリックして確定します。

ラウンドを追加します

ラウンド(Round)を追加します
エッジを選択し、ラウンド(Round)ツールを起動します。0.50を指定します。

ラウンドを追加します

ラウンド(Round)を追加します
上端を指定し、0.75を指定します。

押し出し(Extrude)を起動します

押し出し:ツールバー

押し出し(Extrude)のダッシュボードからスケッチツールを起動します

 定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始
ダッシュボードの配置(Placement)パネルを開き、定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始しします。

データム平面を追加します 

データム平面を追加します
スケッチに既存の平面を指定する代わりに、メニューバーから[挿入](Insert)→[モデルデータム](Model Datum)→[平面](Plane)の順にクリックします。

[データム平面](DatumPlane)プロパティダイアログが開きます。

データム平面を追加します
[データム平面](DatumPlane)プロパティダイアログが開きます。

 

作成したデータム平面

赤がFRONTデータム平面、黄色がオフセットして作成したデータム平面です。

この新しく作成したデータム平面にボスのプロファイルを作成していきます。

スケッチします

スケッチします。
寸法を入力しスケッチを確定します。

深さタイプを設定します

深さタイプ
深さタイプは、[次へ](To Next)にします。

穴ツールを選択します

穴:ツールバー
続いて、ネジ穴を開けます。

軸と面を指定します

軸と面を選択します。 面 軸

[穴](Hole)の形状を指定します

穴の形状を指定します。
標準穴、ISOネジサイズ M2.2x45、皿穴およびカウンタボア、ドリル深さ、[全貫通](Through All)を選択し、フューチャーを確定します。

プレビューを確認します

プレビューアイコン完成形状
ダッシュボード右側のメガネマークのプレビューアイコンをクリックして、形状を確認します。もう一度押すと、プレビュー表示が終了します。 形状に問題がなければ、チェックボタンまたは、マウスのホイールをクリックして形状を確定します。

フューチャーをコピーします。

[編集](Edit)→[フューチャーオペレーション](Feature Operations)
[編集](Edit)→[フューチャーオペレーション](Feature Operations)をクリックします。

メニューマネージャーでコピーを選択する

メニューマネージャーで[コピー](Copy)をクリックします。
メニューマネージャーが表示されるので[コピー](Copy)をクリックします。

対象を選択します

[フューチャーコピー](Copy Feature)サブメニュー
フューチャーコピー](Copy Feature)サブメニューで、[新規参照](New Refs)(新しい参照を指定します)、 [選択](Select)(現在の部品からコピーするフューチャーを選択します)、 および[依存](Dependent)([コピー](Copy)は親から寸法を取得して保持します)をハイライトし、[実行](Done)を選択します。

※選択を変更するのは、[依存](Dependent)だけです。

モデルツリーから穴を選択します。
モデルツリーから穴を選択し、[選択](Select)ダイアログボックスでOKをクリックします。

メニューマネージャーで[終了](Done)をクリック
ここでは、寸法をそのまま使いたいので、メニューマネージャで[終了](Done)を選択します。

メニューマネージャー 親のサーフェス参照がハイライトされます。
改めて、メニューマネージャーが表示されますので、[代替](Alternate)を選択したままで、コピー先のボスの軸を選択します。

軸を選択 穴がコピーされる
穴がコピーされます。

メニューマネージャーで実行をクリックします。 [終了](Done)をクリックします。
メニューマネージャーで実行をクリックします。モデルツリーにグループとして、追加されます。[終了](Done)をクリックします。

ボスの接合部にラウンド(Round)を追加します

ラウンド  ラウンド

ミラーで複写するフューチャーを選択します。

ミラーで複写するフューチャーの選択
モデルツリーで次のアイテムを選択します。
  • 2つのボスを持つ突起
  • 元の穴
  • コピーした穴のグループ
  • ボスのベースにあるラウンド(Round)のフューチャー

ミラーします

ミラーするフューチャー ミラーしたフューチャー
ツールバーのミラーアイコンをクリックして、ミラー平面として「RIGHT」データム平面を指定します。 コピーされたフューチャーがミラーされ、モデルツリーにグループとして追加されます。

完成形状

完成形状
完成です。
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system