ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > 携帯電話

チュートリアル携帯電話[CreoEP] 前面カバー ボスと穴の追加

概要

携帯電話 前面カバーのボスと穴の追加の形状を作成します。
押し出します

前面カバー ボスと穴のモデリング

押し出し

押し出し(Extrude)を起動します

押し出し:ツールバー

押し出し(Extrude)のダッシュボードからスケッチツールを起動します

 定義(Define)をクリックしてスケッチャーを開始
ダッシュボードの配置(Placement)パネルを開き、定義(Define)をクリックします。

スケッチ平面を指定します

 
FRONT」データム平面をスケッチ平面に指定します。

スケッチします。 

スケッチを作成します
スケッチを作成し確定します。

押し出します

押し出します
矢印を立体側にし、深さオプションを[次に]にします。

ピンを作成します。

ピンを作成します。
押し出し(Extrude)ツールを選択し、ダッシュボードから、配置を選択します。ボスの上面サーフェスをスケッチ平面に指定します。 同心円ツールを使用して直径3.75の円を描きます。もう1つのボスにも同様に円を描きます。 同一半径を示すRシンボルが表示されてからクリックします。立体の外側に1.00押し出します。

穴を作成します。

面と軸を指定して穴を作成します。 面と軸を指定して穴を作成します。
穴ツールを使用して、各ボスに、同軸穴を作成します。ピンの軸を第1参照、ピンの上面を第2参照として、使用します。

[穴](Hole)のパラメータ

穴のパラメーター
この穴は、ISOねじ切りによる標準穴M2.2×.45です。ねじの深さは、5.25です。

ボスとシェルの間のラウンドを追加します。

ボスとシェルの間のラウンドを追加します。 ボスとシェルの間のラウンドを追加します。
ボスとシェルのつなぎ目に、0.50のラウンドを追加します。

穴とラウンドフューチャーのコピー

フューチャーオペレーションツールを起動します
[編集](Edit)→[フューチャーオペレーション](Feature Operations)をクリックします。

メニューマネージャーで[コピー](Copy)をクリックします。

[コピー](Copy)をクリックします。
メニューマネージャーで[コピー](Copy)をクリックします。

メニューマネージャー
[フューチャーコピー](Copy Feature)サブメニューで、[新規参照](New Refs)(新しい参照を指定します)、 [選択](Select)(現在の部品からコピーするフューチャーを選択します)、 および[依存](Dependent)([コピー](Copy)は親から寸法を取得して保持します)をハイライトし、 [実行](Done)を選択します。

モデルツリーでコピーするフューチャーを選択します

コピーするフューチャーを選択します。
モデルツリーから穴とラウンドを選択します。

メニューマネージャー
[選択](Select)ダイアログボックスでOKをクリックします。 寸法をそのまま使いたいので、メニューマネージャで[終了](Done)を選択します。

メニューマネージャー メニューマネージャー
再びメニューマネージャーが表示されなす。メニューマネージャーが表示されますので、[代替](Alternate)を選択したままにします。 まずCtrlを押しながら、コピー先のボスの面、そして、軸、最後に、ボスとシェルの間のエッジをこの順番で選択します。 (選択するとすぐ実行されますので、はじめからCtrlキーを押し続けて選択しないと複数指定できます。)穴とラウンドがコピーされます。 メニューマネージャーで実行をクリックします。モデルツリーにグループとして、追加されます。[終了](Done)をクリックします。

穴とラウンドがコピーできました。
穴とラウンドがコピーできました。

ボスをミラーで複製します

ミラー対象とするフューチャーを選択します。 ミラー対象とするフューチャーを選択します。
ミラー対象とするフューチャーを選択します。
ミラーツールを選択します。
ミラーツールを選択します。
対象面を選択します。
「RIGHT」データム平面を対象面に選択します。
プレビューは表示できませんので、そのまま確定します。
プレビューは表示できませんので、そのまま確定します。
完成です
完成です。
次へ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system