ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > 機械要素

ファンブレードのモデリング 01 失敗したモデリングルート[CreoEP]

記事作成日 2015.04.21
最終更新日 2015.04.21

概要

YouTube動画を参考に、CreoElement/Proで、ファンブレードのモデリングを行います。

Creo2の動画を参考に、CreoElementProでモデリングしましたが、途中で断念したモデリングルートです。

ファン

ファン・ブレード

ファンブレード:途中で断念したモデリングルート

モデリングの手順

部品を新規作成します。
部品を新規作成します。
Front平面にスケッチを作成します。
回転ツールを選択し、配置から、Front平面にスケッチを作成します。 Right平面との交線上に中心線を引きます。 スケッチは、閉じていないと確定できません。内部スケッチでは、サーフェスモデリングは行えないようです。
スケッチ内で、回転軸を指定する
スケッチ内で、回転軸を指定すると、別途、回転軸に使用するデータム軸を指定する必要がなくなります。 回転軸に使用する軸を選択して、右ボタンの長押しで、メニューが現れます。
回転体が作成されます
確定すると回転体が作成されますが、目的のサーフェス形状ではないので、キャンセルボタン を押してキャンセルします。
スケッチします。
改めて、Front平面を指定して、スケッチャーを起動し、スケッチします。
対称軸の向こう側との寸法を指定する
対称軸の向こう側との寸法を指定する方法は、寸法指定ツール寸法指定ツールを選択後、寸法を測定したい部分、対称となる部分、 寸法を測定したい部分の順に、左クリックして、反対側で、ホイールをクリックします。
データム軸を作成します
回転させるためのデータム軸を作成します。データム軸ツールデータム軸ツールを選択し、Ctrlキーを押しながら、Front平面とRight平面を選択します。
回転させます。 ダッシュボード
回転させる、線を選択し、回転ツール回転ツールを選択します。対称軸を選択し、角度に、180°を選択します。
フロント平面にスケッチします。
フロント平面にスケッチします。点をスケッチし、円弧をスケッチします。
押し出します
押し出します。
円弧でそれっぽくスケッチします。
Top平面にスケッチを作成します。参照を追加します。円弧でそれっぽくスケッチします。
押し出します。
押し出します。
平面を選択します。
面と面がきちんと交差しているか確認します。平面を選択します。
切断面を指定します。
トリムトリムを選択し、切断面を指定します。
残る面が黄色のメッシュが表示されます
残る面が黄色のメッシュが表示されます。プレビューで確認して確定します。
トリムを選択します
曲面を選択し、トリムを選択します。
残る面が黄色のメッシュが表示されます
残る面が黄色のメッシュが表示されます。プレビューで確認して確定します。
トリムを選択します
曲面を選択し、トリムを選択します。
残る面が黄色のメッシュが表示されます
残る面が黄色のメッシュが表示されます。プレビューで確認して確定します。

カットに使用した曲面を非表示にします。

曲面を選択します。
曲面を選択します。
残る面が黄色のメッシュが表示されます
残る面が黄色のメッシュが表示されます。プレビューで確認して確定します。 参考にしたCreo2.0での動画では、まとめて処理できていました。 バージョンの更新でサーフェスモデリングの操作性はかなり向上しているようです。
ラウンド
ラウンドラウンドを追加します。
元の平面が、ラウンドによって削除されません。
元の平面が、ラウンドによって削除されません。何か設定をいじる必要があるのでしょうか?

わからないので、トリムで対応しようとしましたが、上手くいきません。

ソリッドに変換してから対応しようとしましたが、厚みをつける方法がわかりませんでした。このモデリングルートは、ここで終了します。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system