ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > 機械要素

はすば歯車を回転させる動画を作成します。[CreoEP]

記事作成日 2015.04.17
最終更新日 2015.04.17

概要

YouTube動画を参考に、CreoElement/Proで、はすば歯車のモデリングを行います。

CreoElement/Proは、Pro/ENGINEERの世代から考えると製品の歴史が長いので、いろいろなモデリング手法が存在します。 YouTube上に、はすば歯車のモデリングの動画が公開されていましたので、実際にモデリングを行って見ました。

曲線を数式で描く方法

完成形状

はすば歯車

参考

Helical gear Tutorial (parts 1 to 4) (YouTube動画)

モデリングの手順

  1. 数式を使って曲線を描き、はすば歯車を描きます。
  2. 1つ目のはすば歯車を修正して2つ目の歯車をモデリングします。
  3. アセンブリで配置し、形状を修正します。
  4. 回転させる動画を作成します。

回転させる動画を作成します。

アプリケーションからメカニズムを選択します。
アプリケーションからメカニズムを選択します。
サーボモーターを選択します。
サーボモーターを選択します。
ダイアログボックスが表示されます。
ダイアログボックスが表示されます。
プロファイルタブを選択して、仕様を速度に変更します。
プロファイルタブを選択して、仕様を速度に変更します。
Aに42を指定します。OKを押して閉じます。
Aに42を指定します。OKを押して閉じます。
歯車を選択します。
歯車を選択します。
小さいほうの歯車を選択し、ピッチ円の直径に200を入力します。
小さいほうの歯車を選択し、ピッチ円の直径に200を入力します。
歯車2タブに切り替え、大きいほうの歯車を選択し、ピッチ円の直径に300を入力します。
歯車2タブに切り替え、大きいほうの歯車を選択し、ピッチ円の直径に300を入力します。
メカニズム解析をクリックします。
メカニズム解析をクリックします。
アプリケーションからメカニズムを選択します。
終了時間に、22を入力し、フレーム率に24を入力します。実行を押します。歯車が回転します。
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system