ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Pro > チュートリアル > 機械要素

M4 ナットのモデリング02[CreoEP]ヘリカルスイープを使用して、ネジの形状を作成します。

記事作成日 2015.02.12
最終更新日

概要

M4 Nutのモデリングを行います。 ねじ穴を開ける操作を説明しています。ここでは、下穴を開けた後、ヘリカルスイープを使用して、ネジの3D形状を作成します。 ねじ穴を開ける前までの操作はこちらのページに記載しています。

モデリング対象図形

面取りが完成しました。

ヘリカルスイープを使用して、実際に、ねじの形状をモデリングしています。

3D-CADでは、3Dモデラーと異なり、表示に重点を置いていませんので、ねじの形状は、ねじの存在を示す印を入れるだけで、実際にモデリングする場面は少ないです。

モデルデータ

Personal版で作成しているため、製品版では読込めないと思います。PTCから配布されています。 (PTC Creo View Express(無償))を使うとモデル形状は閲覧できます。ただ、モデルデータムは確認できないので、使用したデータム平面、軸、点は見ることができません。

参考資料

CADの機能だけ覚えて、モデリングの方法は、自分で考えるという方向もありますが、使用するCAD固有の機能も存在するので、 チュートリアルを探すのも1つの方法です。

CAD I Chapter05基準面の作成(外部リンク)

成蹊大学のCADの講義資料です。

FreeCAD チュートリアル Nut

FreeCADで、ナットを作成する方法です。

モデリングの方針

実際に3D-CADで、モデリングする前に、どうやってモデリングするか考えておきます。

6角柱を作成し、面取りをして、穴を開けます。

穴を開ける前までの操作

下穴を開けます。

[穴](Hole)ツールを選択します。
穴を開けるために、[穴](Hole)ツールを選択します。

軸と面を指定します。

軸と面を指定します。
穴の位置を指定するためには、軸と面を指定する必要があります。Ctrlキーを押しながら、軸と面を指定します。
  • Ctrlキーを押しながら選択する必要があります。私は気がつくまで時間がかかりました。
  • データム軸軸(Axis)を表示させる設定していないと軸が選択できません。
  • データム軸の表示・非表示の説明はこちら

ダッシュボードの設定をします。

単純な穴を選択
単純な穴を選択し、深さに貫通「全貫通」(Through All)を選択、穴径に3.24を選択します。

深さオプションについての説明はこちら

ダッシュボードの状態

ダッシュボードの状態
最終的なダッシュボードの状態を示します。

プレビュープレビューで、形状を確認します。

プレビューボタン
確定前にプレビュープレビューで、意図した通りの形状か確認します。 問題無ければ確定チェックボタンします。

下穴が開きました

下穴が開きました

ネジ山を作成します

モデリングや製図では、作成する必要がありませんが、CGなどのビューが必要な際に作成しなければいけない場面があると思いますので、 モデリングはできるようにしておいたほうがよいと思います。

ヘリカルスイープ

ヘリカルスイープ
「挿入」→「ヘリカルスイープ」→「カット」を選択します。

ダイアログが表示されます。

ダイアログが表示されます。
メニューマネージャーを「一定」「中心線」「右手」の設定し「実行」を選択します。 左側の「カット:ヘリカルスイープダイアログ」は、各工程を示しています。 メニューマネージャーで設定するごとに右端の「>」の位置が移動します。

スケッチ平面を指定します。

スケッチ平面を指定します。
ダイアログが変わります。スケッチ平面を指定します。ここでは「RIGHT平面」選択します。

スケッチ方向を指定します。

スケッチ方向を指定します。 スケッチ方向を指定します。
ダイアログが変わります。スケッチ方向を指定します。モデル上で矢印がスケッチ方向を示しています。 今回はどちら向きでも問題ありません。「OK」をクリックします。

ビュー方向を指定します。

ビュー方向を指定します。
ダイアログが変わります。ビュー方向を指定します。「デフォルト」をクリックします。

メートル並目ネジの規格を確認します。

ここで、メートル並目ネジの規格[メートルねじの基準寸法 JIS B 0205]を確認します。

M4: ピッチ:0.7, 谷の径:4, 内径:3.242

スイープさせる直線を描きます

スケッチ方向を指定します。
中心線を描き、ねじ山をスイープさせる直線は、中心から2離れた位置に描きます。 ナットの厚みは、3.2なので、少し長めの長さの4にしておきます。 片側に0.4はみ出ると中心に配置されます。描き終えたら終了をクリックします。

ネジ山のピッチを入力します

スイープのピッチ
スイープのピッチの入力を求められるので、ネジ山のピッチの0.7を入力します。

削除する断面をスケッチして定義します。

削除する断面をスケッチして定義します。
次に、断面をスケッチして定義します。谷の山は、先程描いたスイーププロファイルの端点と一致させます。 ネジの谷の角度は、規格から60°拘束の方法で悩んだので、30°づつ指定してます。 1辺の長さが0.7ナノは、ピッチの幅からです。 0.7以上、中心線と一致または越えなければ問題無いと思いますが、 重なると計算エラーが出るかもしれないので、0.7が安全です。 描き終えたらスケッチを確定します。

削除方向を指定します。

削除方向を指定します。
削除方向を指定します。矢印が削除側つまり内側であることを確認してOKを押します。

「OK」を押します。

「カット:ヘリカルスイープ」ダイアログ
これで「カット:ヘリカルスイープ」ダイアログの項目を全て指定し終えたので「OK」を押します。

ネジが作成できました。

ネジが作成できました。
ネジが作成できました。内側の山はとがっておらず、台形になっています。市販のナットはとがっていると思います。
断面表示の仕方がわからなかったので、断面の形状はFreeCAD チュートリアル Nutを参考にしてください。

面取りを作成します

回転ツールを選択します。

押し出します。
面取りするために、回転ツールを選択します。
※面取り(Chamfer)でもできると思います。

参照を追加します。

押し出します。
配置タブから、定義を選択し、Right平面、回転方向を上面にして、スケッチします。 「スケッチ」→「参照」から、参照を追加します。

矢印の位置に参照を追加します。

参照を追加します。
参照を追加するとスナップできるようになります。もっと詳しい参照の追加の仕方はこちら

削除する形状をスケッチします

削除する形状をスケッチします
中心軸に接する1辺が60°の直角3角形を描きます。ナットのエッジと中心から2で交差しています。

ダッシュボードの材料除去をクリックします。

ダッシュボードを確認します。

回転軸を指定します。

回転軸を指定します。

プレビュープレビューで、形状を確認します。

プレビューボタン
確定前にプレビュープレビューで、意図した通りの形状か確認します。 問題無ければ確定チェックボタンします。

面取りが完成しました。

面取りが完成しました。
モデリングが完成しました
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system