CreoElement/Directを使う

ホーム > 3D-CAD > CreoElement/Direct

「CreoElement/Direct」について

「CreoElement/Direct」は、PTCから提供されている3D-CADです。Express版は無料で利用できます。 Directモデリングスタイルなので、2D-CADの操作になれている場合は、抵抗なく操作できると思います。 「CoCreate」という製品が名称変更された製品です。現在は、Creoをという製品群の1つです。

製品版と比較して、機能制限がある以外は、使用制限がないので、商用利用も問題ないと思われます。 そのため、モデリングした形状の加工依頼の際、相手側にこのソフトを利用してもらえば、 ファイル形式の変換のトラブルが軽減される可能性が高いです。 ただ、PTC製品は、伝統的に、学生版と製品版のファイル形式が異なります。 同様に、「CreoElement/Direct」も意図的に無料版で作成したファイルを製品版で読込めない可能性がありますので、 製品板に移行する際、そのあたりを確認し、読み込めなければ変換を依頼する必要があります。

無料版について

商業利用にも制限はないようですが、実務で利用する場合は、製品版を利用したほうがいいと思います。 その理由は、製品版では、パーツライブラリーが利用できるためです。 すでにモデリングされた、機械要素のモデルが利用できるのでかなりの作業量の差が生じます。

ダウンロードとインストール

PTCサイト

ダウンロード先(外部サイト)

ダウンロードパッケージは、まめに更新されるため、インストール前にダウンロードしましょう。 「ダウンロード時、登録が必要です。」ユーザーインターフェイスは、かなり使いやすいです。 Windows版のみが提供されています。 インストールファイルが言語ごとに分かれています。日本語版は末尾がJAになっています。ENの場合は英語版です。

ダウンロードは、32bit向けと、64bit向けに分かれています。Windowsのバージョンに合わせたほうをダウンロードし、インストールしましょう。

チュートリアル

クイックスタートプロジェクト

起動すると、まずチュートリアルが紹介されます。使い方がわかりますので、実際にチュートリアル通りにモデリングして見ましょう。

その他にも、いろいろチュートリアルが公開されていますので、気に入ったものを1つ1つ実際にモデリングして見ましょう。

機能

コミュニティ

PTC Community (英語)(外部サイト)
PTCジャパン・ユーザー会 (外部サイト)

関連書籍

公式ページ

関連リンク

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system