ホーム > 3D-CAD > DesignSpark Mecanical

DesignSpark Mecanical index

DesignSpark Mecanical(外部ページ)に関する内容をまとめています。

DesignSpark-install16.png(83909 byte)

インストール

ダウンロード、インストール、アクティベーションを行い、使える状態にします。 初回の起動時にアクティベーションが必要になり、そこでユーザー登録が必要になります。

公式ページ(外部サイト)

チュートリアル

web上で見つけたチュートリアルを集めてみました。

部品のモデリング

チュートリアルを見ながら作図してみましょう。 チュートリアルで操作に迷ったら、参考にできるように基本操作をここにまとめていきます。 加工できない構造や、組み立てられない構造にしないように注意すること、 加工しやすく、強度の高い構造にすることも考えながら形状を考えていくことが大切です。

体積計算ができない。

体積や面積計算ができない」 という情報を提供しているページがありましたので確認したところ、単純な立体の面積計算は用意されていましたが、 体積計算は方法を見つける事ができませんでした。体積の計算ツールが見つかるまで、重量が問題になる用途への利用を控えたほうがいいと思います。

ミラー機能が存在しない

ミラー機能が存在しないので、別の機能で実現する必要があります。

ミラー機能を実現する方法(外部サイト)

アセンブリ

作成した部品を組み立てます。
コンピュータの中で組み立てることで、実際に部品を作成、 発注する前に寸法の間違えを発見することができることが、 3D-CADのアピールポイントの一つです。 組み立てた立体画像が得られるので、組あがった時のイメージを理解、検証したり、 アピールに使用したりすることができます。

図面の作成

アセンブリで形状の整合性を確認したら、図面を作成します。
3Dモデリングデータが作成してあれば、図面は自動で作成することができます。 寸法をどこにどのように入れるかは、自分で指定する必要があります。 図面を読む人が、理解しやすく、間違えにくい図面になるよう心がけましょう。 NC加工するのでなければ、部品の加工は、図面により依頼します。 図面は、契約書なので、加工を依頼する際には必要になります。

3Dモデルを2D図面に変換する(外部サイト)

コミュニティ

関連書籍

書籍は、発売されていないようです。(2014.06)

関連リンク

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system