簡単な形状のモデリング037-03 [FreeCAD]

ホーム 3D-CAD > FreeCAD > チュートリアル > 簡単な形状のモデリング

記事作成日 2015-06-23
最終更新日

使用したFreeCADのバージョン

FreeCAD_0.16.5113_x64_dev このバージョンは、メニューバーの「FreeCADについて」が正常に作動しません。

概要

ターゲットの形状

簡単な形状をモデリングします。

最新機械製図 林洋次 p029

FreeCADのモデリングは、簡単な形状でも難しいことがあります。

モデリング操作

新しいドキュメントを新規作成します
新しいドキュメントを新規作成します
ダッシュボードをPart Designに変更します。
ダッシュボードをPart Designに変更します。
スケッチを作成します。
スケッチスケッチの新規作成 (NewSketch)を作成します。
円を描く
スケッチ平面を指定します。FreeCADでは、xz平面が正面になります。そこでzy平面にスケッチします。 v0.16.5113から、操作系が変わっています。今まで、円を描くごとに、ツールが終了していましたが、右クリックするまで、ツールが終了しなくなりました。かなり描きやすくなりました。
作図線に変更します。
全ての円を矩形選択して、作図線に変更します。作図線アイコンが変更されたようです。
円の間に線を引きます。
円の間に線を引きます。円と線の接続は、「線上」と「接線」の拘束を追加します。
線の間を円弧で結びます。
線の間を円弧で結びます。Zインディックスに問題があるので、引いた線が、作図線の下に描かれます。 ほぼ、見えないですが、ちゃんと円弧を描いています。確定して、スケッチを終了します。
12押し出します。
12押し出パッドします。
面を選択して、スケッチを作成します。
面を選択して、スケッチスケッチの新規作成 (NewSketch)を作成します。
外部形状の参照
外部形状の参照を選択し、円弧を選択します。 これで、円弧の中心が選択できるようになります。右クリックして、外部形状の参照ツールを終了します。
円を描きます。
参照を利用して、円を描きます。外部図形の参照の円弧と描いた円のZインディックスの問題で、円弧のように見えますが、円を描いています。確定してスケッチを終了します。
24押し出します。
24押し出パッドします。
面を選択して、スケッチします。
面を選択して、スケッチスケッチの新規作成 (NewSketch)します。
円を描きます。確定して、スケッチを終了します。
円を描きます。確定して、スケッチを終了します。
ポケットで穴を開けます。 ポケットで穴を開けるパラメータ
ポケットポケットで穴を開けます。貫通を選択します。
修正します。
穴の大きさを間違えたので修正します。コンボビューのモデルから、ポケットのスケッチを選択し、右クリックして、コンテキストメニューを表示します。 メニューの中から、「スケッチを編集」を選択します。
穴のサイズを18に変更します。
穴のサイズを18に変更します。「Close」を押して確定します。
モデルが、修正されました。
モデルが、修正されました。
面を選択しスケッチします。
面を選択しスケッチスケッチの新規作成 (NewSketch)します。
外部形状を参照
外部形状を参照します。これで、円弧の中心を選択することができます。右クリックで、外部形状の参照ツールを終了します。
円を描きます。
円を描きます。ミラー機能で複写しようとしましたが、スケッチャーでは、使えないようです。確定して、スケッチを終了します。
ポケットで穴を開けます。 ポケットで穴を開るパラメータ
ポケットポケットで穴を開けます。
ミラーで複写します。 ミラーで複写するパラメーター
ミラーで複写します。完成です。

関連リンク

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system