基板を押し出し、四隅に穴を開けます。 サンハヤト228U[FreeCAD:チュートリアル]

ホーム > 3D-CAD > FreeCAD > チュートリアル > ユニバーサル基板 サンハヤト228U

このチュートリアルを始める前に

FreeCAD Version 0.14, Revision 3700を用いて、モデリングしました。

モデリング対象

サンハヤト 288U

サンハヤト 288Uの図面
ユニバーサル基板のサンハヤト 288Uです。メーカーのホームページに図面の画像が公開されています。

実物の画像

サンハヤト 288U サンハヤト 288U
ランドは、片面で、反対側にシルク印刷がされています。

概要

基板を作成し、4隅にねじ止め用の穴を開けます。
ミラーを使って穴を鏡像複写しています。

FreeCADでモデリングします。

スケッチします

スケッチします
ドキュメントを新規作成し、PartDesignワークベンチに移動し、xy平面にスケッチします。

押し出します

押し出します
1.6mm押し出します。

ねじ止め用の穴の形状を作成します。

基板の穴を開ける面を選択します
基板の穴を開ける面を選択します。作成した形状のxy平面側の面を選択してスケッチします。 ポケットは、立体の面を選択してスケッチしないと動作しません。

穴のスケッチを作成します。

穴のスケッチ
4隅の穴の1つをスケッチします。

ミラーで使用する作図補助線を引きます。

ミラーで使用する作図補助線
ミラーでコピーするので、水平、垂直の中間に作図補助線を引いておきます。

ポケットで穴を開けます

ポケットで穴を開けます
ポケットで、タイプ貫通で穴を開けます。

ミラーで穴を複写します。

ミラーで穴を複写
あけた穴を選択して、ミラーを選択します。平面に、Shetch axisを選択すると、スケッチの際に描いた作図補助線が選択できます。ミラーを確定します。

ミラーした形状をさらにミラーで鏡像複写する

形状を選択
次に、元とミラーで増やした2つの穴を選択して、先程使用していない、Shetch axisでミラーを追加します。形状を選択ダイアログが表示されます。つまり、対象を選択していない状態と同じ挙動です。 ポケットを選択すると、ポケットであけた穴が、パッドを選択すると、直方体のミラーが作成されます。 ミラーした形状はv0.14では、ミラーすることができません。 複数回のミラーを行うには、マルチ変換機能を使用してください。

スケッチに戻って穴を追加します。

スケッチで穴の形状を2つ開けておきます
ここでは、スケッチに戻って、2つ目の穴の形状を描きます。右側がミラーで作成された穴です。

ここで使用するFreeCADについて

Version 0.14, Revision 3700, Date 2014/07/13

新しくインストールする際は、最新版をインストールしましょう。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system