穴を開け配列状に配置します サンハヤト228U[FreeCAD:チュートリアル]

ホーム > 3D-CAD > FreeCAD > チュートリアル > ユニバーサル基板 サンハヤト228U

このチュートリアルを始める前に

FreeCAD Version 0.14, Revision 3700を用いて、モデリングしました。

モデリング対象

サンハヤト 288U

サンハヤト 288Uの図面
ユニバーサル基板のサンハヤト 288Uです。メーカーのホームページに図面の画像が公開されています。

実物の画像

サンハヤト 288U サンハヤト 288U
ランドは、片面で、反対側にシルク印刷がされています。

概要

穴を開け、それを配置します。
直線状パターンマルチ変換を使用しています。

ねじ止め用の穴を避けて、穴を配置する必要があるので、どこで分割するかはよく考える必要があります。

FreeCADでモデリングします。

スケッチします。

穴のスケッチ
ランドの穴を開けます。長さの実測は、特殊な測定器がないと無理なので、計算で算出します。 φ1の穴が、2.54mmピッチで並んでいます。基板の穴の数を数え中心に配置されるように配置します。

ポケットで穴を開けます

ポケットで穴を開けます
ポケットで貫通穴を開けます。

マルチパターン複写でφ1の穴を配列複写します。

マルチパターン複写でφ1の穴を配列複写します。
マルチパターン複写ツールを選択します。

直線状パターンを追加します。

右クリックで直線状パターンを追加します。
右クリックで直線状パターンを追加します。

パラメーターを設定します

パラメーターを設定します
直線状パターンのパラメーター設定は、わかりにくいので注意が必要です。

長さ:

初めと最後に配置される形状の基準点間の長さです。今回は、穴を配置するので、中心間の長さです。

開始位置:

キャプションが間違っています(v0.14)。実際には、配置した後の全体のフューチャーの数です。今回は配列後の穴の数の合計です。

まずは、2つ配置して、方向を確認します。

2つのフューチャーを配置して方向を確認します。

2つのフューチャーを配置
軸の選択、方向を変更して、意図する方向に配置されているかを確認します。

目的の数だけ配置します。

目的の数配置しました。
穴を18個配置します。
長さ:
(18-1)×2.54=43.18
開始位置:
キャプションが間違っています(v0.14)。実際には、配置した後の全体のフューチャーの数です。18

形状が意図した通りならOKを押して確定します。

2つ目の配置変換を追加します。

2つ目の配置変換を追加します
続いて、配置変換を再び右クリックして、コンテキストメニューを表示させ直線状パターンを選択します。

2つのフューチャーで、配置方向を確認します。

パラメータを設定

先程と同じように、コピー数を2にして配置方向を確認します。

コピーが増えるに従い、動作が緩慢になるので、ビューの更新チェックボックスのチェックを外して、数値を入力します。 そして、ビューの更新チェックボックスのチェックを入れてビューを確認します。 そうすることで、数値の入力の途中で再描画操作が発生することをふせぎます。

ビューで配置方向を確認します。

ビューで配置方向を確認します。
方向が確認できたので、穴を24個配置します。

パラメーターを修正します

パラメーターを修正します

修正の際は、ビューの更新のチェックを外してから、値を修正して、再びビューの更新のチェックを入れます。

長さ:
(24-1)×2.54=58.42
開始位置:
キャプションが間違っています(v0.14)。24

計算を間違うと、制御がしばらく返ってこないので、気長に待ちます。

ビューで形状を確認します

ビューで形状を確認します
形状が意図した通りならOKを押して確定します。

スケッチします。

スケッチします。
残りの穴を開けていきます。スケッチし、ポケットで、貫通穴を開けます。

マルチ変換で配列状に並べます。

直線状パターンを追加します
まず、直線状パターンを追加します。

パラメータを入力します。

パラメータを入力します。
まずは、複写の数を2つにして、配列する方向を意図する方向に変更します。 すでに、動作は十分遅くなっていますので、ビューを更新のチェックボックスは外して、値を入力した後に、再びチェックを入れて、期待通りに配置されているか確認しましょう。

直線状パターンを追加します。

直線状パターンを追加します
続いて、再び右クリックして、コンテキストメニューを表示させ直線状パターンを選択します。

コピー数を2にして配置方向を確認します。

2つで方向を確認します
先程と同じように、コピー数を2にして配置方向を確認します。

ビューを確認します

ビューを確認します。
パラメータを変更し、配置された方向が意図したとおりになったことを確認します。

パラメータを変更します。

パラメータを変更します。
方向が確認できたので、穴を14個配置します。

長さ:

(14-1)×2.54=33.02

開始位置:

キャプションが間違っています(v0.14)。14 入力後、ビューを更新すると、しばらく制御か返ってこないので気長に待ちます。 修正の際は、ビューの更新のチェックを外してから、値を修正して、再びビューの更新のチェックを入れます。

ビューを確認します。

ビューを確認します
意図通りに配置されているか確認します。

線形複写の対象となる形状を選択し、ツールを起動します。

線形複写の対象のスケッチ
この[スケッチ](Sketch)をポケットで、貫通穴を開けます。

直線状パターンツールを起動します。

線形複写ツールを起動します。
直線状パターンツールを起動します。まずは、2つ配置して、方向を確認します。 方向の軸を変更したり、逆方向のチェックボックスのチェックを入れたり、外したりして、意図する方向に配置されるようにします。
多くの形状を複写配列すると、動作は遅くなります。 ビューを更新のチェックボックスは外して、値を入力した後に、再びチェックを入れて、期待通りに配置されているか確認しましょう。

パラメーターの表記がわかりにくいので注意が必要です。

長さ:
初めと最後に配置される形状の基準点間の長さです。今回は、穴を配置するので、中心間の長さです。
開始位置:
キャプションが間違っています(v0.14)。配置した後の全体のフューチャーの数です。今回は配列後の穴の数の合計です。

ビューで複写配列される方向を確認します。

線形複写される方向を確認する。
方向が確認できたので、形状(穴)を目的の数(14個)配置します。

パラメーターに実際に配置される条件を入力します。

パラメータを入力します。

長さ:

(14-1)×2.54=33.02

開始位置:

キャプションが間違っています(v0.14)。実際には、コピーされた後のフューチャーの合計数です。14

入力すると制御がしばらく返ってこないので気長に待ちます。修正の際は、ビューの更新のチェックを外してから、値を修正して、再びビューの更新のチェックを入れます。

直線状に配置された穴
穴が直線状に配置されました。

スケッチします。

スケッチします。
スケッチし、ポケットで、貫通穴を開けます。

直線状パターンツールを起動しします。

パラメータを設定します。
直線状パターンツールを起動しします。先程と同じように、コピー数を2にして配置方向を確認します。 方向が確認できたので、穴を14個配置します。

長さ:

(5-1)×2.54=10.16

開始位置:

キャプションが間違っています(v0.14)。実際には、コピーされた後のフューチャーの合計数です。5

ビューを更新すると、しばらく制御が返ってこないので気長に待ちます。修正の際は、ビューの更新のチェックを外してから、値を修正して、再びビューの更新のチェックを入れます。

穴を開け終わりました

穴を開け終えた形状
穴がすべて開け終わりました。ビューを確認します。
次へ

ここで使用するFreeCADについて

Version 0.14, Revision 3700, Date 2014/07/13

新しくインストールする際は、最新版をインストールしましょう。

CAD利用技術者試験 サンプル問題2014
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system