ホーム > 3D-CAD > FreeCAD > 機能 > ワークベンチ(Workbench)

FreeCADのワークベンチのメニュー

ワークベンチ(Workbench)メニュー

None:

None:Assembly
実装されていませんので、選択してはいけません。

Animation

Animation
アニメーションを作成するためのワークベンチです。自分で組み込まなければ使えません。

Arch

Arch
建築物を作成するためのツール群です。

Assembly

Assembly
モデリングした部品を組み合わせるためのツール群です。 V0.14時点では、公式パッケージには、実装されていません。使用するには、Assembly2ワークベンチは自分で組み込む必要があります。

Complete

Complete

すぺてのツール群が表示されます。

Draft

基本的な2D-CAD製図を行います。

Drawing

3D形状から2D図面を作成します。

Fem

Fem
Femの研究のために、前後の処理を行います

Image

Image
ビットマップ画像を作成します

Inspection

Inspection

MeshDesign

三角形メッシュの操作を行います。シュミレーションや3Dモデラーである扱える3D形状のメッシュデータを作成します。

OpenSCAD

OpenSCADとの相互運用とCSGモデルヒストリーを作成します 。
おそらく、OpenSCADのスクリプトとFreeCADのデータを相互変換するコンバータの一種だと思います。
OpenSCAD(外部サイト)
対話型のインターフェイスではなく、スクリプトを書き込んで立体を作成する3D-CADです。

Part

立体形状を作成します 。CSG系のCADを意識したインターフェイスではなく、スクリプトで図形を描いていく方のためのAPI機能プレビューとして作成されているようです。そのため、位置や向きの指定は、基本的に、数値パラメータで行う必要があります。基礎となる重要な機能で、ユーザーインターフェイスが洗練される段階に至らないものは、このワークベンチ内にある傾向があります。

PartDesign

スケッチからの立体形状を作成するために使用します。 立体の面にスケッチするすることができます。一般的に、イメージされる3D-CADの機能は、このワークベンチに集約されています。このワークベンチに、ツールバーで、他のワークベンチの機能を 追加してここでモデリングしていく使い方をお勧めします。

Plot

Plot
出力するプロットを他のモジュールやツールから作成し、編集および保存できます。

Points

Points

Raytracing

Raytracing
レイトレーシング(レンダリング)を作成します

ReverseEngineering

ReverseEngineering

Robot

Robot
ロボットの動作の研究を行います

Sheet Metal

板金モデリングをするためのワークベンチです。

標準では、組み込まれていないので、自分で組み込む必要があります。

Ship

Ship
FreeCAD-Shipは、与えられた幾何学的形状の上で作成する必要があるShipエンティティ上で動作します。

Sketcher

幾何拘束のあるスケッチを作成します。 押し出しの基になる形状のプロファイルを作成するワークベンチです。パラメトリック系CADの幾何拘束で図形を作成していきます。2D-CADを使う際の図形の理解をコンピューターに行わせるものですが、クセがあります。完全拘束(自由度0)にしてからこのワークベンチを終了しないと、図形操作の際に、意図しない図形が発生しますので、きちんと完全拘束をさせるようにしましょう。

SpreadSheet

SpreadSheet
表計算のデータを作成・編集します。

Start

Start
起動時は、このワークベンチが選択されています。

TestFramework

TestFramework

Web

Web

使用するワークベンチを選択します。

ツールバーから

ワークベンチの選択

メニューバーから

[表示]→[ワークベンチ]
ワークベンチの選択
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system