ホーム > CAD

ベクトルドロー・レベルゼロ+

部品の実測に使用する測定器と治具[CAD]

新規作成日 2015-10-01
最終更新日

このページについて

CADで、モデリングする際、部品を実測してモデルを作成したい場合があります。そのような時に使用する使用する測定器と治具を紹介します。

部品の実測に使用する測定器と治具

部品を実測してモデルを作成したい場合があります。そのような時に使用する測定治具を紹介します。

ノギス

ノギスは、長さ、深さが測定できる測定器です。メモリで測定するものが、小型で、電源を入れる必要がなく便利ですが、 40歳を過ぎたら、老眼で、メモリが見にくくなっていくので、デジタルノギスを購入したほうがいいです。

マイクロメータ

厚みはノギスでも測定できますが、薄いものは、マイクロメータを使用したほうが、高精度に測定できます。こちらも、40歳を過ぎたら、デジタルマイクロメータがおすすめです。

備考

ノギスやマイクロメータを品質管理に使用する場合や測定点数が多い場合は、USB出力に対応した製品を購入したほうが便利で、処理速度も向上します。

USBインプットツール(外部サイト)

株式会社 ミツヨトの製品です。

デジタルノギスの測長データをPCに取り込む(外部サイト)

スイス シルバック社 測定器(外部サイト)

デジタルノギスのデーターをArduinoで読んでみた(外部サイト)

デジタルノギス( 測定値の取り出し )(外部サイト)

DROの実験(外部サイト)

ラジアスゲージ

フィレット(ラウンド)半径を測定します。

テーパーゲージ

穴の大きさを測定します。

シックネスゲージ

隙間ゲージです。薄い板を差し込んで、隙間を測定します。

プロトラクター

角度が測定できます。

ピッチゲージ

ネジ山の間隔が測定できます。ミリ、インチ、管用のものがあります。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system