ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

ホスト統合のVSTAサンプル 概要

作成日 2015.06.05
最終更新日 2015.06.05

概要

Visual Studio Communityが無償で使えるようになったので、Expressエディションで使えなかった機能が使えるようになりました。 Microsoft Visual Studio Tools for Applications(VSTA)は、 VBAやC#を使ったマクロ機能をアプリケーションに組込むことができる機能です。

VSTA Sample Host Integration.docは、SDKをダウンロードする際、一緒にダウンロードすることができます。

インストール

VSTA2013とVSTA2012SDKをインストールします。

ダウンロード先

Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2013(VSTA)(外部サイト)

Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2012 SDK(外部サイト)

ホスト統合のVSTAサンプル [VSTA Sample Host Integration]

概要

[Overview]

Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2012 (VSTA)は、 あなたに、エンド・ユーザーが、Visual BasicとVisual C#を用いて、あなたの既存のアプリケーションのカスタマイズを可能にする方法を与えます。 エンド・ユーザーのカスタマイズを使用可能にするために、あなたは、アプリケーションにVisual Studioの統合開発環境(IDE)を使用できるように組み込むことができます。 エンド・ユーザーの開発者は、彼らのニーズに合うように、アプリケーションの機能を拡張するアドインを作成することによって、 アプリケーションをカスタマイズするために、IDEを使用することができます。

Visual Studio Tools for Applications 2012 SDKを使用する

[Using Visual Studio Tools for Applications 2012]

Visual Studio Tools for Applications 2012は、2つの主要な操作モードを提供しています。: スタンドアロンで、インストールされたVisual Studio 2012 Professional、PremiumやUltimateで、スタンドアロン・モードでは、 VSTAは、あなたのアプリケーションに、エンド・ユーザーのカスタマイズを読み込み、コンパイルする、そして、実行する手段を提供します。 インストールされたVisual Studio 2012 Professional、PremiumやUltimateで、 VSTAは、それらのカスタム化を編集して、デバッグするために、手段でその機能を拡張します。

Visual Studio Tools for Applications 2012は、あなたのアプリケーションに設計時の経験を統合するための、 新しい簡略化されたAPIを提示します。ホスト・アプリケーションの統合は、実装されることができます。 管理された(Visual C#やVisual Basic .NET)か、管理されていない(Visual C++)コードのどちらかを使用することで、VSTAが格納するAPIは、 Visual Studioのインストール、外部の処理を起動する、そして、状態を、保存し同期することを、 見つけることのような、APIの作業を単純化するため、あなたのアプリケーションを統合できます。

Visual Studio Tools for Applications 2012は、 Visual Studio 2005 Tools for ApplicationsとVisual Studio 2008 Tools for Applicationsから、 プロジェクトをアップグレードし、コンパイルし、それらを実行する機能を提供します。

Visual Studio Tools for Applications 2012は、エンド・ユーザーが、カスタマイズするために、実行時ライブラリを必要としません。 これは、ホスト・アプリケーションに最も合わせて調整する、ユーザー・コードを実行するメソッドを選択するために、インテグレータに柔軟性を与えます。 Microsoft .NET Frameworkには、 Visual Studio 2008 Tools for Applicationsで構築されるアドインを実行するために 、使用することができる、管理されたAdd-in Frameworkが含まれています。

最小のシステム条件:

  • Windows 7
  • .NET Framework 4.5
  • 2 GB of RAM
  • 4MBのハード・ディスク領域

ランタイムの要件:

  • Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2012 Update 1

編集とデバッグを有効にするには:

  • Microsoft Visual Studio 2012 Professional、PremiumやUltimate

はじめに

[Getting Started]

Visual Studio Tools for Applications 2012でアプリケーションを統合するには、あなたは、いくつかの単純な概念を理解する必要があります。

定義

ホスト・アプリケーション:

アプリケーションは、エンド・ユーザーのコードによって拡張することができます。 ホスト・アプリケーションは、それをコンパイルして、実行する能力を与えることで、 エンド・ユーザーのコードを、VSTAの技術によって容易に、「格納します」。

統合された開発環境(IDE):

アプリケーション(この場合、Visual Studio 2012)は、ユーザーが、コードをコンパイル、編集とデバッグできます。Visual Studio 2012

プロジェクト・テンプレート:

ソース・ファイルのコレクションとXMLは、プロジェクトを作成するため、実行時に使用されます。それは、エンド・ユーザーのコードで、カスタマイズすることができます。

セッション:

プロジェクトのコレクションのインスタンスは、1つのIDEに関連付けることができます。 これは、サービスの全てを、カプセル化します。それは、0あるいは、0以上プロジェクトと一つの実行中のIDEインスタンスの間で行なうことができます。

VSTAX:

Open Packaging Container(OPC)ファイルは、1つ以上のプロジェクト・テンプレートが含まれています。 VSTAXファイルは、通常、アプリケーションを運ぶ、ホスト・アプリケーション・ベンダーを作成します。 そして、カスタマイズするエンド・ユーザーのためのプロジェクトを作成するために、実行時で使われます。

VSTAには、管理されて管理されていない統合のためのホスティングAPIのバージョンが含まれています。 この文書は、Visual C#で、APIを使用する方法を説明するでしょう。 しかし、また、すべての筋書きは、Visual C++とVisual Basic .NETを使って、達成することができます。

Visual Studio Tools for Applications 2012 SDKをインストールする

Installing the Visual Studio Tools for Applications 2012 SDK

あなたは、VSTAのこのバージョンをインストールし、実行することができます。 その前に、また、Microsoft .NET Framework 4.5が、インストールされている必要があります。 Microsoftは、VSTAダウンロードとは別に、VSTAのためのソフトウェア開発キット(SDK)を出荷しています。 VSTA SDKがインストールされたあと、そのコンポーネントは、Program Files (x86)\Microsoft SDKs\VSTA\11.0フォルダに配置されます。 アプリケーションを構築するために、あなたは、.NET Framework SDKだけが必要となります。(マイクロソフトから無料でダウンロードできます)、 しかし、この文書の例では、Visual Studio 2012を使用して表示されるでしょう。

ページトップへ
WPF in C#
C#トップ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system