TretoiseGitで、リモートにあるリポジトリをローカルに複製します

ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > プログラミングツール > Git

記事作成日 2015.01.07

リポジトリ(repository)について

Git 分散型バージョン管理システムで、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所のことです。 専用サーバー上にあるものをリモートリポジトリ、自分のコンピュータにあるものをローカルリポジトリと呼びます。 ローカルリポジトリで作業した内容をリモートリポジトリにアップロードしたり、 リモートリポジトリの内容をローカルリポジトリにダウンロードすることができます。

リポジトリの複製=クローンの作成

リモートリポジトリの内容を複製して、ローカルリポジトリを作成します。

あらかじめ、リモートリポジトリが存在する場合は、複製して、自分のコンピュータにローカルリポジトリを作成します。 ほとんどの場合、この作業から始めるとこになると思います。

クローンの作成手順

Gitクローンを選択
右クリックしてコンテキストメニューを表示させクローンを選択します。
URLと保存するディレクトリを指定します。
URLと保存するディレクトリを指定します。 ここでは、FreeCADのソースコードを入手したいので、そのURLを入力します。 https://github.com/ickby/FreeCAD_constraint.git 入力が終了したらOKを押します。
ダウンロードが開始されます。
OKを押すとダウンロードが開始されます。
完了です
しばらくすると、完了します。ダウンロードしたフォルダを開いて中身を確認しましょう。 これで、リモートリポジトリの内容を複製して、ローカルリポジトリを作成できました。
ページトップへ
プログラミングツール
C#
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system