ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > C#でテキストエディタ

ベクトルドロー・レベルゼロ+

メニューバー、ツールバー、リボンを使用する[C#,WPF]

新規作成日 2015-09-27
最終更新日

概要

C#のWpfでメニューバー、ツールバー、リボンを使用するために集めた、リンクです。

CUIアプリケーションでは、自分でコマンドをキーボードで入力して、機能を実行します。GUIアプリケーションでは、イベントで、コマンドを実行します。

メニューバー、ツールバー、リボンは、コマンドを実行するイベントを格納するボタンを簡単に実装するための機能です。

メニューバー

ボタンの外観にテキストを用いたものをまとめたメニューです。

ツールバー

ボタンの外観にアイコン画像を用いたものをまとめたメニューです。 アイコン画像は、あらかじめ、リソースとして登録しておく必要があります。

ツールバーに編集コマンドを追加する

ツールバー(外部サイト)

ツールバーをコードで追加する例

リボン

ボタンの外観が、テキストのモノ、アイコンのモノを組み合わせたメニューです。 市販のアプリケーションでは、当たり前のように使われていますが、WPFでは、標準機能として用意されていません。 拡張ツールキットを使用する必要があります。

アイコン画像の収集と作成

ツールバーやリボンで使用するアイコン画像は、どこかから集めてくるか、自分で作成する必要があります。

アイコン画像をリソースに登録する

アイコン画像は、あらかじめリソースに登録しておかないと使用できません。

コマンドライブラリ

WPFでは、よく使われる機能が、コマンド・ライブラリとして、コンポーネントごとに提供されてます。 対象となるコンポーネントごとに機能が自動で切り替わるので、実装する側は、基本的な実装では意識する必要はなく、 アプリケーションを使用する側は、統一された、一貫性のあるコマンド群を利用することができます。

ページトップへ
C#トップ
WPF in C#
C#でテキストエディタ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system