ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > C#でテキストエディタ

ベクトルドロー・レベルゼロ+

WPFのコマンドライブラリ[C# WPF]

新規作成日 2015-09-24
最終更新日

概要

WPFでは、基本的なコマンドのライブラリが提供されています。 先程のページでは、読み込み、保存、印刷をユーザー定義したメソッドで実装しましたが、WPFであらかじめ用意されているコマンドを使用することもできます。

コードの使い方

新規にWPFアプリケーションを作成して、張り付けます。 その場合は、Xamlコードの一番上に、<Windows>タグのx:Class属性に、[プロジェクト名].[コード名]が 記載されていますので、この部分を変更します。


<Window x:Class="RichTextBox001.MainWindow"				
			

WPFのコマンド・ライブラリ

WPFでは、基本的なコマンドのライブラリが提供されています。これらは、5つの静的クラスの静的プロパティに格納されています。

これらのコマンドライブラリを使用することで、複数のアプリケーションで、コマンドやショートカットが統一されます。

コマンドライブラリに含まれてるコマンドは、できるだけ活用するようにすると、効率的に実装できます。 コマンドを使用するコンポーネントによって、実装され、実行されるロジックが切り替わります。 また、処理のロジックは実装されていないものもありますので、その場合、自分で実装する必要があります。

ApplicationCommands(外部サイト)

さまざまなアプリケーションで一般的に用いられる、各種の基本コマンドを提供します。

NavigationCommands(外部サイト)

ナビゲーションに使用するコマンドを提供します。

EditingCommands(外部サイト)

標準的な編集コマンドを提供します。

ComponentCommands(外部サイト)

ユーザーインターフェースの構成部品によって使用されるコマンドを提供します。

MediaCommands(外部サイト)

マルチメディアを扱うために使用されるコマンドを提供します。

次のページの内容

次のページでは、WPFのコマンド結合について説明します。

ページトップへ
C#トップ
WPF in C#
C#でテキストエディタ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system