ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

ベクトルドロー・レベルゼロ+

RichTextBoxを使う[C# WPF]

最終更新日

概要

Xamlを使って、RichTextBoxコントロールを持つ、デスクトップアプリを作成します。

WPFで、メニューデザインを静的に作成するには、Xamlが便利です。

動的に作成する場合は、Xamlでテンプレートを使用するか、C#コードで作成する方法を考える必要がありますが、ここでは扱いません。

コードの使い方

新規にWPFアプリケーションを作成して、張り付けます。 その場合は、Xamlコードの一番上に、<Windows>タグのx:Class属性に、[プロジェクト名].[コード名]が 記載されていますので、この部分を変更します。


<Window x:Class="RichTextBox001.MainWindow"				
			

空のRichTextBoxを追加する。

中に何も入っていない空のRichTextBoxを追加します。<RichTextBox />がその部分のコードです。


<Window x:Class="RichTextBox001.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="250" Width="325">
    <Grid>
        <!-- A RichTextBox with no initial content in it. -->
        <!-- 初期値のないRichTextBox。-->
        <RichTextBox />
    </Grid>
</Window>
			
空のRichTextBox

テキストを入れたRichTextBoxを追加する。

RichTextBox で編集されるコンテンツはフロー コンテンツです。 フロー コンテンツには、書式設定されたテキスト、イメージ、リスト、およびテーブルなどのさまざまな種類の要素を格納できます。

WPFのRichTextBoxは、内部的には「フロー ドキュメント」です。FormアプリケーションのRichTextBoxとは、異なる可能性があります。 詳細な機能を利用するには「フロー ドキュメント」を理解する必要があるようです。


<Window x:Class="RichTextBox001.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="150" Width="325">

    <StackPanel>
        <RichTextBox>
            <FlowDocument>
                <Paragraph>
                    This is flow content and you can
                    <Bold>edit me!</Bold>
                </Paragraph>
            </FlowDocument>
        </RichTextBox>
    </StackPanel>
</Window>
			
テキストを入れたRichTextBox

参考リンク

RichTextBox の概要 (外部リンク)

動作確認環境

  • WIndows 8.1 pro 64bit
  • Visual Studio Express 2013 for Desktop

次のページの内容

RichTextBoxに、編集コマンドを追加します。

RichTextBoxコンポーネントには、編集コマンドとして、使用できるメソッドが提供されているので、簡単な操作で、機能を追加できます。

ページトップへ
C#トップ
WPF in C#
C#でテキストエディタ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system