ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

ベクトルドロー・レベルゼロ+

RichTextBoxに編集ツールを追加する[C# WPF]

最終更新日

概要

RichTextBoxは、リッチテキストが扱える、コンテナです。

ツールバーに、RichTextBoxコンポーネントの内容を書式設定する機能を追加します。 これらの機能は、EditingCommands クラスのメソッドとして提供されています。これを利用すると簡単にコマンドを実装できます。

コードの使い方

新規にWPFアプリケーションを作成して、張り付けます。 その場合は、Xamlコードの一番上に、<Windows>タグのx:Class属性に、[プロジェクト名].[コード名]が 記載されていますので、この部分を変更します。


<Window x:Class="RichTextBox001.MainWindow"				
			

編集コマンドを追加する

編集コマンドを使用することで、ユーザーは RichTextBox 内の編集可能コンテンツの書式設定をすることができます。 編集コマンドは、RichTextBoxにメソッドとして内臓されているので、簡単なコードで利用することができます。


<Window x:Class="RichTextBox001.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="255.556" Width="500.556">

    <Grid>

        <!-- Set the styles for the tool bar. ツールバーのために、スタイルを設定します。 -->

        <Grid.Resources>
            <Style TargetType="{x:Type Button}" x:Key="formatTextStyle">
                <Setter Property="FontFamily" Value="Palatino Linotype"></Setter>
                <Setter Property="Width" Value="30"></Setter>
                <Setter Property="FontSize" Value ="14"></Setter>
                <Setter Property="CommandTarget" Value="{Binding ElementName=mainRTB}"></Setter>
            </Style>

            <Style TargetType="{x:Type Button}" x:Key="formatImageStyle">
                <Setter Property="Width" Value="30"></Setter>
                <Setter Property="CommandTarget" Value="{Binding ElementName=mainRTB}"></Setter>
            </Style>
        </Grid.Resources>

        <DockPanel Name="mainPanel">

            <!-- This tool bar contains all the editing buttons.
                このツールバーには、すべての編集ボタンが含まれています。-->

            <ToolBar Name="mainToolBar" Height="30" DockPanel.Dock="Top">

                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
                	Command="ApplicationCommands.Cut" ToolTip="Cut">
                    <Image Source="Images\EditCut.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="ApplicationCommands.Copy" ToolTip="Copy">
                    <Image Source="Images\EditCopy.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="ApplicationCommands.Paste" ToolTip="Paste">
                    <Image Source="Images\EditPaste.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="ApplicationCommands.Undo" ToolTip="Undo">
                    <Image Source="Images\EditUndo.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="ApplicationCommands.Redo" ToolTip="Redo">
                    <Image Source="Images\EditRedo.png"></Image>
                </Button>

                <Button Style="{StaticResource formatTextStyle}" 
		Command="EditingCommands.ToggleBold" ToolTip="Bold">
                    <TextBlock FontWeight="Bold">B</TextBlock>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatTextStyle}" 
		Command="EditingCommands.ToggleItalic" ToolTip="Italic">
                    <TextBlock FontStyle="Italic" FontWeight="Bold">I</TextBlock>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatTextStyle}" 
		Command="EditingCommands.ToggleUnderline" ToolTip="Underline">
                    <TextBlock TextDecorations="Underline" FontWeight="Bold">U</TextBlock>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.IncreaseFontSize" ToolTip="Grow Font">
                    <Image Source="Images\CharacterGrowFont.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.DecreaseFontSize" ToolTip="Shrink Font">
                    <Image Source="Images\CharacterShrinkFont.png"></Image>
                </Button>

                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.ToggleBullets" ToolTip="Bullets">
                    <Image Source="Images\ListBullets.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.ToggleNumbering" ToolTip="Numbering">
                    <Image Source="Images/ListNumbering.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.AlignLeft" ToolTip="Align Left">
                    <Image Source="Images\ParagraphLeftJustify.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.AlignCenter" ToolTip="Align Center">
                    <Image Source="Images\ParagraphCenterJustify.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.AlignRight" ToolTip="Align Right">
                    <Image Source="Images\ParagraphRightJustify.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.AlignJustify" ToolTip="Align Justify">
                    <Image Source="Images\ParagraphFullJustify.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.IncreaseIndentation" ToolTip="Increase Indent">
                    <Image Source="Images\ParagraphIncreaseIndentation.png"></Image>
                </Button>
                <Button Style="{StaticResource formatImageStyle}" 
		Command="EditingCommands.DecreaseIndentation" ToolTip="Decrease Indent">
                    <Image Source="Images\ParagraphDecreaseIndentation.png"></Image>
                </Button>

            </ToolBar>

            <!-- By default pressing tab moves focus to the next control. 
            既定では、タブを押すと、フォーカスを次のコントロールへ移動します。
            Setting AcceptsTab to true allows the RichTextBox to accept tab characters.
            AcceptsTab設定をtrueにすると、RichTextBoxは、タブ文字を受け取ることができます。-->

            <RichTextBox Name="mainRTB" AcceptsTab="True"></RichTextBox>
        </DockPanel>
    </Grid>
</Window>
			
ビルドするとツールバーのアイコンが表示されていない

アイコンが登録されていないので、表示されません。アイコンは、自分で登録する必要があります。

そのため、このままでは使用できません。

アイコンイメージをリソースに追加したら、メニューバーのビルド」「ソリューションのリビルド」を選択し、ツールバーから開始、 アイコンをクリックして、ディバッグビルドすると、ビルドしたプロジェクトに、ツールバーアイコンが表示されました。

アイコンイメージが期待通り表示された

文字を入力し、実際に、編集機能を使って動作を確認しましょう。

次のページの内容

アイコンイメージをリソースに追加する

次のページでは、プログラム内で、アイコンイメージなどの画像を使う際に、必要は操作である。イメージファイルをリソースに追加する方法を説明します。

参考リンク

RichTextBox の概要 (外部リンク)

ツール バーのある RichTextBox の作成のサンプル (外部リンク)

ここから、プロジェクトファイル (外部リンク)をダウンロードすることができます。

RichTextBoxクラス(msdn)(外部サイト)

EditingCommandsクラス(外部サイト)

動作確認環境

  • WIndows 8.1 pro 64bit
  • Visual Studio Express 2013 for Desktop
ページトップへ
C#トップ
WPF in C#
C#でテキストエディタ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system