ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

WPFの地域設定の手引き

概要

WPF Localization Guidance 「Rick StrahlとMichele Leroux Bustamante(2009年6月)」の和訳です。
地域設定の実装の参考にしてください。

関連ファイル

目次

WPFのための地域設定の手引き

地域設定上の注意事項

Unicodeサポート

カルチャ・マッピング

リソースを地域設定する

WPFの地域設定=選択

リソースとカルチャ書式設定

CultureとUICultureの設定

リソースとリソース代替

好ましいカルチャとResourceFallback

Resxリソースとその動作

ResourceManagerでリソースにアクセスする

内容を地域設定するために、XAMLリソースとLocBamlを使用する

あなたは、LocBamlで何を地域設定することができますか?

実行時にXAMLリソースへアクセスする、リソース・ディクショナリを使用する

LocBamlで地域設定する

あなたのVisual Studioプロジェクトで地域設定を有効にする

あなたのXAMLで、それぞれのUI要素のための独自のUidを生成するために、MsBuildを実行する

LocBamlを使用して、CSVファイルにリソースをエクスポートする

CSVファイルでリソースを地域設定する

埋込れた地域設定リソースを、サテライト・アセンブリに戻す

BAMLとResxリソースを結合する

MSBuild作業を使用する

LocBaml-心臓の弱い人向けではありません

Resxリソースを地域設定する

厳格に型指定されたResxリソースと結合する

静的Resxリソースを構成する

x:StaticリソースBindingと一緒に考える

Resxリソースのために、ユーザー定義したマークアップ拡張機能

カスタム・マークアップ拡張機能は、どのように動作するか

添付プロパティ結合

他の興味あるトピック

要約

謝辞

リソース

ページトップへ
地域設定
WPF in C#トップ
C#トップ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system