ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

WPFのための地域設定の手引き

WPFのための地域設定の手引き Localization Guidance for WPF

アプリケーションの地域設定は、形式のどんなアプリケーションの状況においても、ありふれた作業ではありません。

 手順は、いくつかの中心的な原理に基づいています。 それは、他のどんなタイプのクライアント・アプリケーションとユーザーインターフェースが行う、 WPFに適用されます。開発者が、地域データを表示する、地域に特化したユーザーインターフェースのカスタム化と、 どのように静的や動的な型で、地域設定されたリソースに供給するために、基本的な概念を理解することは重要です。 これらの概念は、ほとんどのクライアント・アプリケーションと非常に類似しています。 しかし、静的ユーザーインターフェースの構成部分を地域設定する実際の手順は、環境間で変化する傾向があります。 そして、WPFは、XAMLリソースの地域設定にリソースを与えるため、さらに他の方法を導入します。 この白書は、完全性のために、一般的な地域設定上の注意事項の簡単なレビューで開始されます。 .NET Frameworkが、どのようにすべてのアプリケーションのためのリソースを処理するかについて考察します。 そして、その次に、それぞれの方法の範囲内で、WPFのためのいくつかのトレード・オフを説明する、地域設定の状況に特に焦点を合わせます。
  • 次のページ
  • 前のページ
  • 目次
  • WPF in C#トップ
    C#トップ

    原文

    WPF Localization Guidance 「Rick StrahlとMichele Leroux Bustamante(2009年6月)」の和訳です。 の和訳の目次です。地域設定の実装の参考にしてください。

    関連ファイル

    Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
    kukekko@gmail.com
    ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
    「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
    inserted by FC2 system