ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

Unicodeのサポート

Unicodeのサポート Unicode Support

Unicodeのサポートは、途切れなく、世界の多くの言語の、多種多様な文字を表現するために重要です。 これは、現在、明らかに思われるかもしれません。 しかし、.NETフレームワークが公開される前、基準であるANSI文字セットとコード-ページ変換は、 長くありませんでした。Unicodeは、これらの時代遅れの文字セット形式と、それらの非互換性の問題を超越します。 そして、エンコードの問題を心配することなく、 簡単に同じ文字列内に複数の言語の文字を表示するための簡単な方法を提供します。
.NETフレームワークは、Unicodeの端末間をサポートしています。 -ユーザーインターフェースの端から端まで、データベース層へ 、これは、今日、異なる言語からデータを入力、処理、保存するために、アプリケーションが、特別な処理を何も必要としていないことを表しています。 WPFでは、ほとんどのユーザーインターフェースの内容は、静的なXAMLドキュメントでエンコードされています。 それは、UTF-8やUTF-16でエンコードされる、適切なXML文書です。 .NETフレームワーク・アプリケーションのための中心的なリソース・フォーマット、Resxリソースは、同様に、XMLでエンコードされます。 これらのXMLフォーマットは、Unicode対応です。それで、世界の言語によってサポートされるあらゆる文字は、 地域設定されたデータを持つResxリソースと同様に、直接、XAMLマークアップで表現することができます。 注目点として、UTF-8とUTF-16は、1バイトと2バイト文字セットの両方を表現することができます。 UTF-8は、記憶領域を考えるとより効果的な方法です。しかし、2バイト文字セットのために低い効率で解釈されます。 UTF-16は、すべて文字を2bytes使用して格納しますので、あまり効率的ではない保存形式です。 しかし、2バイト文字セットのより効果的な解釈をもたらします。 このように、UTF-8は、ほとんどの状況で十分ですが、後者は、通常、2バイトの状況で特に使用されます。
  • 次のページ
  • 前のページ
  • 目次
  • 原文

    WPF Localization Guidance 「Rick StrahlとMichele Leroux Bustamante(2009年6月)」の和訳です。 の和訳の目次です。地域設定の実装の参考にしてください。

    関連ファイル

    WPF in C#トップ
    C#トップ
    Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
    kukekko@gmail.com
    ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
    「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
    inserted by FC2 system