ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

カルチャ・マッピング

カルチャ・マッピング Culture Mapping

場所は、-少なくとも.NET地域設定専門語の文脈で-言語と国/領域の組み合わせで、定義されています。 例えば、en-USは、アメリカ合衆国の英語で、あるいは、fr-CAは、カナダのフランス語です。 国/領域は、同様に、省略することができ、それで、enとfrは、地域コードなしで英語とフランス語を表現する非特異的文化識別子として有効です。 非特異的文化は、すべての地域ために働くリソースを格納するために役に立ちます。 しかし、異なる地域は、多くの場合、通貨や日付や時間のような異なる書式設定規則を持っているので書式設定と構文解析に問題があります。 この理由のため、.NETフレームワークは、UICultureの概念を切り離します (テキスト、グラフィックス、および他の任意の表示要素を含む、ユーザに提示するためのリソース)、 そして、カルチャ(通貨、数字、日付と時間、リスト、並べ替え、その他の書式を設定するための)。 UICultureとCultureの異なるカルチャ設定を使用する可能性がかなりあります。 -前者は、決定するために使用されます。リソースは、地域設定されたユーザーインターフェースにデータを読み込むために使用されるでしょう。

.NETフレームワークのカルチャ情報と操作は、CultureInfoクラスのインスタンスを通して公開されています。 それは、与えられた場所の、カルチャ設定を読むために使用することができます。 ならびに、アプリケーションで特定のローカル設定を設定します。 すべてのスレッドは、CurrentCultureとCurrentUICultureプロパティのCultureInfo設定として格納される一連のカルチャ情報を保有します。 CurrentCultureは、書式設定と構文解析のための動作を決定します(先程、説明したように、数字と日付のような物のための)、 そして、CurrentUICultureは、スレッドの場所に読み込むために、適切なリソースを示します。どんなスレッドからも、 あなたは次に示す静的メンバーから、CurrentCultureとCurrentUICultureにアクセスすることができます。:

Thread.CurrentThread.CurrentCulture、Thread.CurrentThread.CurrentUICulture、 あるいは、CultureInfo.CurrentCultureとCultureInfo.CurrentUICulture.

中心となるWPFスレッドは、常にCurrentCultureとCurrentUICultureのための省略時設定を指定します。 あなたは、同様に、これらの値に基づくユーザー環境設定(続いて説明します)を明確に設定することができます。 注意すべき重要な点は、しかしながら、それですWPFアプリケーションが、新しいスレッドについて語る場合、 それらのスレッドは、中心となるUIスレッドのカルチャ設定を継承することはありません。 実際に、それらは、全く設定されることはありません! このように、本記事で説明される手法を使用している適切な値で、明示的に、新しいスレッドに割り当ててください。
  • 次のページ
  • 前のページ
  • 目次
  • 原文

    WPF Localization Guidance 「Rick StrahlとMichele Leroux Bustamante(2009年6月)」の和訳です。 の和訳の目次です。地域設定の実装の参考にしてください。

    関連ファイル

    Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
    kukekko@gmail.com
    ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
    「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
    inserted by FC2 system