ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C#

WPFの地域設定=選択 Localizing WPF = Choices

本文

ご覧のように、WPFでリソースの地域設定のために、利用できる2、3の異なる方法があります。 あなたが選択するものは、方法に依存します。 あなたは、あなたの地域設定処理が、一度、起こるかどうかに関係なく、アプリケーションが完了するか、 段階的に、あなたがアプリケーションを構築している間に動作することを好みます。

LocBamlの方法は、きわめて静的な処理であり、アプリケーションが頻繁に変更されない場合、最高の処理です。 その大きな利点は、あなたは、開発中に、あなたが、単純に、既定の言語でXAMLコンテンツを作成し、 より遅くまで地域設定を延期することができるように、地域設定の準備ができているアプリケーションを手に入れるために、 多くのことを行う必要ありません。 LocBamlを使用する処理は、厳密で、そして、地域設定の実際の作業のためのCSVファイルをエクスポートする、 コマンドライン・ツールを使用して、かなり複雑になりました。 それぞれのカルチャは、地域設定されて、明示的に再生成し、別々にエクスポートする必要があります。 加えて、LocBamlは、地域設定された出力を構築するため、 明示的に、ビルド・プロセスに組み込む必要があります。心臓の弱い人向けではありません。

多くのResxに基づく解決法は、物事を単純化するために、開発者コミュニティで生まれました。 Resxは、Visual Studio環境で適切にサポートされます。 それで、Resxリソースを入力して、編集することは、簡単です。 Resxでの地域設定は、公開された拡張可能な体系です。 それは、追加方式の地域設定処理で適用できます。 そして、リソースの値を結合する際に、より多くの柔軟性を提供します。 しかし、アプリケーションが構築されている間、それは、あなたが、あなたのXAMLマークアップで明示的に、 開発時間内で、リソース・キーをマッピングし結合する必要があるように、より多くの用心と相互作用を要求します。

あなたは、おそらく、Windowsフォームを使用する可能性があるので、 洗練さを欠いたWPFとVisual Studioで、これらの地域設定サポートの説明によって伝えることができます。 Windowsフォームでは、Windowsフォ-ム・デザイナーに統合された解決法と地域設定するための明確な道筋があります。 WPFには、このようなわかりやすい道筋がありません。 -選択は、あなたに任せられており、どちらの方法でも、構築やカスタム構築されたコンポーネントやコマンドライン・ツールを使用する必要があります。 この白書での目的は、あなたが、どの解決法が、あなたに最も適しているか、知識に基づいた選択で作成することができるように、 利用できるさまざまな方法を説明して、それらの良い点と悪い点を際立たせることです。

  • 次のページ
  • 前のページ
  • 目次
  • 原文

    WPF Localization Guidance 「Rick StrahlとMichele Leroux Bustamante(2009年6月)」の和訳です。 の和訳の目次です。地域設定の実装の参考にしてください。

    関連ファイル

    Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
    kukekko@gmail.com
    ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
    「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
    inserted by FC2 system