ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > Prism

ベクトルドロー・レベルゼロ+

ツールキットPrismとは?[C# WPF]

新規作成日
最終更新日

概要

MVVMパターン調べていて、Prismというツールキットを見つけました。MVVMパターンを使用するためのもっとも人気のあるツールキットのようです。

MVVMとPrizm

UIパターンの1つとして、MVVMパターンがあります。C#のUIの1つWPFを使用すると、いろいろなところ出会うことになる考え方です。

ただ、その説明は、ぼんやりとして、具体的に理解できません。

MVVMパターンを実装するためのツールキットであるPrizmの説明とチュートリアルを見ることで、 ぼんやりとした認識が具体化するのではないかと期待して、ドキュメントを読んでいくことにします。

参考サイト:Prism

MVVMパターンについて、よくよく調べていくと、WPFのMVVMパターンは、Prismと呼ばれる拡張ライブラリにつながります。 このライブラリを使用した実装手法、あるいは、このライブラリに感化された実装手法というのが本質のようです。

要は、このライブラリを使わないと、特段便利ではないということだと思われます。 ドキュメントは、英語ですので、読むのもたいへんです。そして、理解して、使えるようになるまで、それなりの時間がかかる気がします。

Prismのドキュメントは、かなり探しにくいので、困りものです。

C#、XAML、Windows ランタイム向け Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発[msdn](外部サイト)

このドキュメントは、ストアアプリ、Homeアプリケーションを作成するためのドキュメント。日本語です。pdf版もダウンロードできます。 pdf版で218ページあり、書籍に匹敵します。日本語版ですが、用紙サイズは、A4ではありません。印刷して使用する際は、印刷指定に、注意しましょう。 印刷する場合は、ホットメルト製本で製本すると使いやすくなります。

MVVMパターンの入門ドキュメントではなく、ストアアプリ、Homeアプリケーションを作成方法の紹介を目的に構成されていますので、 VVMパターンが理解できていないと、読み進めるのが難しいと思います。

Prism(英語)(外部サイト)

Prismのメインサイトのようです。英語で記述されています。ただ、日本語で記述されたドキュメントは、ここからは辿れませんので、msdnなどを参考にする必要があります。

Developer's Guide to Microsoft Prism Library 5.0 for WPF(英語)(外部サイト)

こちらは、デスクトップアプリケーションを作成するためのドキュメントです。英語で記述されています。これが大本のようなのですが、日本語版があるのかないのかわかりません。

[和訳][目次]

Implementing the MVVM Pattern Using the Prism Library 5.0 for WPF(英語)(外部サイト)

Advanced MVVM Scenarios Using the Prism Library 5.0 for WPF(英語)(外部サイト)

Prism 4.1 - Developer's Guide to Microsoft Prism Library for WPF and Silverlight(英語)(外部サイト)

Prism 4.1のドキュメント。英語で記述されています。Prizm 5.0に引き継がれなかったプラットホームでは、こちらを利用する必要があります。

Developing a Windows Phone Application using the MVVM Pattern(英語)(外部サイト)

英語で記述されています。理解できるまでは、MVVMパターンとPrizmは、分けて考えないほうがよさそうです。 C#での、MVVMパターンの話題は、ほとんどの場合、Prizmが絡んでいます。

WPF/MVVM/C#/Prism5.0 ViewModelを少し便利に(外部サイト)

patterns & practices: Prism(英語)(外部サイト)

よりMVVMに、よりライトにPrism 5がリリースされました(外部サイト)

[WPF][Prism]PrismアプリケーションでHello World(外部サイト)

ページトップへ
C#トップ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system