ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > Prism

ベクトルドロー・レベルゼロ+

WPFのためのMicrosoft Prism Library 5.0の開発者のガイド[C# WPF Prism]

新規作成日
最終更新日

概要

MVVMパターン調べていて、Prismというツールキットを見つけました。MVVMパターンを使用するためのもっとも人気のあるツールキットのようです。

原文

「Developer's Guide to Microsoft Prism Library 5.0 for WPF」(外部サイト)の和訳です。

訳文

Developer's Guide to Microsoft Prism Library 5.0 for WPF(外部サイト)

パターンと実践 ディベロパー・センター

2014年4月

Prismは、サンプルとドキュメンテーションの形で手引きを提供します。 あなたが、Windows Presentation Foundation (WPF)デスクトップ・アプリケーションを簡単に設計し、高機能に構築し、柔軟で、簡単に保守するのにとても役立ちます。 分離の重要性と疎結合のような、重要な構造的な設計原理を実現するデザインパターンを使用して、Prismは、独立して進化することができる、 疎結合コンポーネントを使用して、あなたが、アプリケーションを設計・構築するために役立ちます。しかし、それは、全体的なアプリケーションに、 簡単に、継ぎ目なく、統合することができます。 要するに、これらのアプリケーションは、「最後に構築」し、「変更のためにビルド」します。 この種のアプリケーションは、複合アプリケーションとして知られています。

この話題は、関連したソースコードとドキュメンテーションへのリンクをもつ、Prismの概念を簡単に説明します。あなたが、Prism 4.1からPrism 5.0に、 アップグレードすることを考えている場合、この文書には、あなたが、読む必要のある「新機能」と「Prism 4.1からアップグレード」の話題が含まれています。

備考

.NET 4.0、SilverlightやWindows Phone 7.xアプリケーションのためには、「Prism 4.1」(原文リンク)を使用します。

はじめに

Getting Started

どこから開始するかは、あなたの目的とあなたがこれまでに知っているもの次第です。アプリケーションを学び、開発し、配布します。 そして、Prism 4.1からのアップグレードは、Prismが、あなたのアプリケーションそして、どのように開始するか意味がある場合、あなたの理解に役立つ必要があります。

学ぶ:

Learn:

あなたが、Prismを初めて使用する場合、これは、開始するには良い場所です。また、あなたは、この話題の残りの内容も読み通す必要があります。

  • Prismの機能について学ぶ:「はじめに」(原文リンク)
  • Prismライブラリを利用する方法については、「ソースコード」(原文リンク)を参照してください。
  • Prismの「概念」(原文リンク)を学びます。
  • 「どこで質問するのでしょうか?」(原文リンク)
  • 「誰が、Prismを作製したのでしょうか?」(原文リンク)

アプリケーションを開発・配布します。:

Develop and Deploy Applications:

あなたが、Prism Hello Worldアプリケーションを作成し、続いて、それを配布したい場合、これらの話題を読んでください。 あなたが、あなたのアプリケーションで、どのように、特定のPrism機能を利用するか、より完全に理解したい場合、続いて、下記を内容の読みます。

  • あなたの「機械を準備」(原文リンク)する方法。
  • 「ライブラリのバイナリ」(原文リンク)を取得する場所。
  • 「はじめに、PrismライブラリHands-on Labを使用」(原文リンク)して、あなたの最初の複合Prizmアプリケーションを作成します。
  • Prismアプリを配布します:「PrismライブラリHands-on Labを使用して、アプリケーションの公開と更新をします。」(原文リンク)

Prism 4.1からのアップグレード:

Upgrade from Prism 4.1:

以下の話題を読んでください。それで、あなたは、Prism 5.0にアップグレードする費用便益分析を行うことができます。

序論

Introduction

疎く結合したWPFのコンポーネントから、どのように、複合アプリケーションを作成するかを学びます。 それは、Prismライブラリを使用して、独立して進化させることができます。

複合アプリケーションを作成する方法

コードのダウンロード:

  • 「はじめに、Prism Library Hands-on-Labを使用する」(原文リンク)
  • 「株式トレーダーの基準となる実装」(原文リンク)

詳細情報:

Prismアプリケーションを初期化する

Initializing Prism Applications

どのように、Window Presentation Foundation (WPF)アプリケーションのためのPrismを起動し、実行するかを学びます-アプリケーションを起動する。

Prismアプリケーションを初期化する

コードのダウンロード:

  • 「はじめに、Prism Library Hands-on-Labを使用する」(原文リンク)

詳細情報:

コンポーネント間で依存関係を管理する

Managing Dependencies Between Components

コンポーネントの依存関係と寿命を管理し、テストを容易にし、ViewをView Modelに接続するために、依存関係の注入を使用して、保守しやすいアプリを作成します。

コンポーネント間で依存関係を管理する

詳細情報

モジュール・アプリケーションの開発

Modular Application Development

どのように、開発、テスト、展開、および拡張することが簡単な、疎く結合したモジュール・アプリケーションを作成するかを学びます。

モジュール・アプリケーションの開発

ダウンロード・コード:

詳細情報

MVVMパターン

MVVM Pattern

どのように、MVVMパターンが、あなたのアプリの簡単なテストを作成するか、保守するか、進化させるか学びます。 これは、コードの再利用を改善し、開発者とデザイナーが、共同作業をすることができます。 複数の要素で構成されたコマンドを、どのように使用するかを学びます。非同期インタラクションを処理します。 ユーザー・インタラクション・パターンを実装します。 そして、MVVMを使用して、ViewsをView Modelsに接続します。

MVVMパターン

ダウンロード・コード:

詳細情報

ユーザー・インターフェイスを構成する

Composing the User Interface

どのように、モジュール・アプリケーションのための、疎く結合したWPFのビジュアル・コンポーネントから、あなたのUIを構成するかを学びます。 設計時のデータによって、設計者にやさしいUIを作成します。

ユーザー・インターフェイスを構成する

ダウンロード・コード:

詳細情報

ナビゲーション

Navigation

MVVMパターンを使用する、複数の要素で構成されたWPFアプリケーションで、どのように、ビュー間を移動するかを学びます。 状態に基づいた、あるいは、ビューに基づいたナビゲーションを使用します。

ナビゲーション

ダウンロード・コード:

詳細情報

疎く結合したコンポーネント間の通信

Communicating Between Loosely Coupled Components

あなたのモジュール・アプリケーションのために動作する、異なる疎く結合した通信機構を使用するとき、決定します。 :コマンド、地域コンテクスト、共有サービスとイベント集約。

疎く結合したコンポーネント間の通信

ダウンロード・コード:

詳細情報

Prismアプリケーションを配布する

Deploying Prism Applications

複数の要素で構成されたWPFアプリケーション ― Xcopy、ClickOnceとWindowsインストーラ ― のための配布オプションを学びます。

Prismアプリケーションを配布する

詳細情報

Prismのパターン

Patterns in Prism

Prismライブラリと関連する参照の実装が説明する異なるパターンを学びます。

Prismのパターン

ダウンロード・コード:

詳細情報

Prismライブラリ

Prism Library

WPFのためのPrismライブラリが、誰のための開発されたか、どのように、それが構成されているかどのように、ソースを修正するか、 そして、どのように、関連するテストを実行するかについて学びます。

Prismライブラリ

ダウンロード・コードとバイナリ:

Prism 4.1からのアップグレード。

Upgrading from Prism 4.1

あなたのすでに存在するPrism 4.1プロジェクトとソリューションを、どのように、Prism 5.0に更新するかを学びます。 これは、参照、名前空間とAPIへの変更が含まれています。

詳細情報

Prismライブラリを拡張する

Extending the Prism Library

ブートストラップ、コンテナ、ログの記録、モジュール性、地方、ナビゲーションとView Modelロケーターが含まれている Prismの既定の動作を、どのように修正するかを学びます。

詳細情報

著作権

License

エンド・ユーザー・ライセンス契約(EULA)(原文リンク)

次に行うこと

What's Next

  • 「Prismのダウンロード」(原文リンク):ソースやドキュメンテーションのダウンロード、NuGetパッケージへのリンクを取得し、あるいは、このプリズムリリースの完全な内容を参照してください。
  • 「はじめに」(原文リンク)、Prismドキュメントの次の話題をお読みください。

コミュニティ

Community

Prismのコミュニティの場所は以下の通りです:

これらのコミュニティ・サイトでは、あなたは、質問を投稿したり、フィードバックを提供することができます。あるいは、発想を共有するために、他のユーザーに連絡します。

Prismチーム・ブログ

Prism Team Blogs

Prismとパターンと実践についての、現在の、そして、更新された情報に基づいています。

 Name  Blogs and Home Pages  Twitter
 Blaine Wastell  http://blogs.msdn.com/b/blaine/  @blainewastell
 Francis Cheung  http://blogs.msdn.com/b/francischeung/  
 patterns & practices  http://www.microsoft.com/practices  @mspnp

あなたに、このガイドをもたらしたチーム

The Team Who Brought You This Guide

Prismは、次に示す個人により作成されました:

パターンと実践チーム:

 Microsoft Corporation  Blaine Wastell, Francis Cheung, Nelly Delgado, Rohit Sharma, RoAnn Corbisier
 Southworks SRL  Diego Poza
 Icertis Inc.  Poornimma Kaliappan

この手引きの以前のリリースの協力者:

 Microsoft Corporation  Blaine Wastell, Bob Brumfield, David Hill, Karl Shifflett, Larry Brader, Michael Puleio, Nelly Delgado
 Clarius Consulting  Fernando Simonazzi
 Infosys Technologies Ltd  Mani Krishnaswami, Meenakshi Krishnamoorthi, Rathi Velusamy, Ravindra Varman, Sangeetha Manickam, Sanghamitra Chilla
 Software Insight  Brian Noyes
 Southworks SRL  Diego Poza, Fernando Antivero, Geoff Cox, Matias Bonaventura
 TinaTech, Inc.  Tina Burden
 Modeled Computation  Sharon Smith, Katie Niemer

かけがえのない援助を与えてくれた、次に示すアドバイザーに多くの感謝をします。:

Bill Wilder of Fidelity Investments, Brian Noyes of Solliance, Brian Lagunas of Infragistics, Clifford Tiltman of Morgan Stanley, Rob Eisenberg of Blue Spire, Norman Headlam, Ward Bell of IdeaBlade, Paul Jackson of CM Group Ltd., John Papa of Microsoft, Julian Dominguez of Clarius Consulting, Ted Neveln of Ballard Indexing Services, Glenn Block of Microsoft, Michael Kenyon of IHS, Inc., Terry Young of PEER Group, Jason Beres of Infragistics, Peter Lindes of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, Mark Tucker of Neudesic, LLC, David Platt of Rolling Thunder Computing, Steve Gentile of Strategic Data Systems, Markus Egger of EPS Software Corp. and CODE Magazine, Ryan Cromwell of Strategic Data Systems, Todd Neal of McKesson Corp, Dipesh Patel of Fidelity Investments, and David Poll of Microsoft.

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system