ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > Prism

ベクトルドロー・レベルゼロ+

Prism Library 5.0 for WPFの序論 03[C# WPF Prism]

概要

MVVMパターン調べていて、Prismというツールキットを見つけました。MVVMパターンを使用するためのもっとも人気のあるツールキットのようです。

原文

Introduction to the Prism Library 5.0 for WPF」(外部サイト)の和訳です。

訳文

Introduction to the Prism Library 5.0 for WPF(外部サイト)

パターンと実践 ディベロパー・センター

Microsoft Prism Library 5.0 for WPFの開発者のガイドから:

Prismを調べる

Exploring Prism

Prismは、次のものから構成されています。:

  • Prismライブラリのソースコード(原文リンク)
  • UnityとMEF拡張を加えて、Prismライブラリ・アセンブリのための中心的なPrismの機能が、 含まれているソースコード、それは、「Unity Applicationブロック(Unity)」(原文リンク)と 「Managed Extensibility Framework」(原文リンク)でPrismを使用するための、追加されたコンポーネントを提供します。 また、ソースコードには、Prism.PubSubEventsとPrism.Mvvmアセンブリが含まれています。

  • Prismのバイナリ・アセンブリ(原文リンク)
  • Prismライブラリ・アセンブリの署名されたバイナリ・バージョン。 これらのアセンブリは、Prism、Prism.Composition、Prism.PubSubEventsとPrism.Mvvm、Prism.Interactivity、 rism.UnityExtensionsとPrism.MefExtensionsを検索することによって、NuGetからダウンロードすることができます。 これらのNuGetパッケージは、「Unity Applicationブロック」(原文リンク)とサービス・ロケーター(原文リンク)のような、依存関係を読み込みます。

備考

PrismのNuGetパッケージは、Prism.Composition、Prism.PubSubEvents、 Prism.Mvvm、Prism.Interactivity、Prism.PubSubEventsとPrism.Mvvm NuGetパッケージをダウンロードするでしょう。

  • コード・サンプル(原文リンク)
  • Prismには、参考になる実装サンプルとクイックスタート・サンプルが含まれています。 株トレーダーの参考になる実装は、包括的なサンプル・アプリケーションです。 それは、Prismが、実際のアプリケーションの筋書きを実装するために、どのように使用しているか説明します。 参考になる実装は、意図的に不完全ですが、それらは、どのように、Prismのパターンの多くが、単一のアプリケーションの内で、互いに動作することができるか説明します。 QuickStartサンプルは、いくつかの小ささに重点を置いたサンプル・アプリケーションが含まれています。 それは、MVVMパターン、ナビゲーション、UIの構成、モジュラー性、命令、イベント集約とインタラクティブ性を説明します。

  • ドキュメンテーション
  • Prism 5.0ドキュメンテーションは、Prismの背後にある、目標と概念の概要、 そして、それぞれの機能を使用するための詳細な手引きを説明します。 そして、デザインパターンは、Prismによって、提供されます。次の項目は、取り扱われている話題の概要を提供します。

ドキュメンテーションを調べる(原文リンク)

Exploring the Documentation

Prismのドキュメンテーションは、広範囲の話題にわたっています。一般的な開発の難問の概要と複合アプリケーションのアプローチ、 Prismライブラリの概要とそれが実装するデザインパターン、ならびに、開発中に、Prismライブラリを使用するための、 ステップ毎の説明が含まれています。ドキュメンテーションは、読者が理解するのを助けるために、幅広い技術的な読者に気に入ってもらうことを目的としています。 そして、それら独自のアプリケーションの中で、Prismを使用します。ドキュメンテーションは、次のものが含まれています。:

  • Applicationを初期化する(原文リンク)
  • この項目は、モジュールPrismアプリケーションを起動し駆動するために、何を発生する必要があるか説明します。

  • コンポーネント間で依存関係を管理する(原文リンク)
  • Prismライブラリに配置されるアプリケーションは、依存関係注入コンテナに依存しています。 Prismは、ほぼ、どんな依存関係注入コンテナでも、動作するための機能を持っていますが、 Prismライブラリは、依存関係注入コンテナのために、2つの省略時の選択肢を提供します。: UnityやMEF。この項目では、異なる機能、そして、あなたが、依存関係注入コンテナで作業する場合、 考える必要があるものについて説明します。

  • モジュール・アプリケーション開発(原文リンク)
  • この項目では、中心的な概念、重要な決定、 そして、あなたが、Prismで、モジュール・クライアント・アプリケーションを作成するとき、 中心となる筋書きについて説明します。

  • MVVMパターンを実装する(原文リンク)
  • MVVMパターンを使用して、あなたは、3つの分離したクラスに、 あなたのアプリケーションUIを根底にあるプレゼンテーションとビジネス・ロジックと切り離します。:View、ModelとView Model、この項目では、MVVMパターンの背後にある、中心的な概念について説明し、 そして、あなたのアプリケーションに、Prismを使用して、どのように、それを実装するか、記述します。

  • 高度なMVVMの使い方(原文リンク)
  • この項目では、MVVMパターンを使用して、より高度な筋書きを実装することに関する手引きを提供します。 複数の要素で構成されたコマンド(グループのコマンドを表すコマンド)を、どのように実装するか、 そして、どのように、非同期Webサービスとユーザー対話を操作するかが含まれています。 また、この項目では、UnityやMEFのような、構築とMVVMクラスの接続を操作するために、 依存関係注入コンテナを使用することに関する手引きを提供します。

  • ユーザー・インターフェイスを構成する(原文リンク)
  • 領域は、開発者が指定できる、プレースホルダです。ビューがアプリケーションUIで表示される場所で、 Prismでは、領域のビューを表示するための、2つの方法があります。:ビュー発見とビュー注入。この項目は、領域とUIで、どのように、動作するかを説明します。 また、それには、複合アプリケーションを理解するための、UIのデザイナーのための情報が含まれています。

  • ナビゲーション(原文リンク)
  • ナビゲーションは、アプリケーションが、アプリケーションとユーザーの相互作用、 あるいは、内部アプリケーションの状態変化の結果として、そのUIに変更を調整するプロセスです。 この項目では、ビューのUIの状態が、ナビゲーションを反映するために更新される、そして、表示を切り替えるナビゲーションで、 新しいビューが作成され、領域に表示される所で、状態に基づいたナビゲーションを実装するための手引きを提供します。

  • 疎く結合したコンポーネント間の通信(原文リンク)
  • この項目では、命令、EventAggregator、領域のコンテクストと共有サービスを使用して、 異なるモジュールのコンポーネントの間で通信するための、さまざまなオプションについて説明します。

  • Applicationを配布する(原文リンク)
  • この項目は、PrismのWPFアプリケーションのための配布上の注意事項に対処します。

  • 用語集(原文リンク)
  • この付録は、Prismにより提供される用語、概念、デザインパターンと機能の簡潔な概要を提供します。

  • Prismライブラリのパターン(原文リンク)
  • この付録は、Prismライブラリと株トレーダーRIで適用されるソフトウェア設計パターンを説明します。 この項目は、主に、複合アプリケーションを構築する際の難問に対処するために、 使用されるパターンそれら自身を習熟したいと望んでいる設計者と開発者を対象としています。

  • Prismライブラリ(原文リンク)
  • この付録は、WPFのためのPrismライブラリの概要を提供します。

  • Prismライブラリ4.1からのアップグレード(原文リンク)
  • この付録は、あなたが、Prismの以前のバージョンからアップグレードしている場合、あなたが知る必要があるものについて説明します。

  • Prismライブラリを拡張する(原文リンク)
  • この付録は、どのように、あなたが、Prismのモジュラー性、動作とナビゲーションを拡張することができるか議論します。

  • コード・サンプル(原文リンク)
  • Prismには、重要な概念を説明する、複数のサンプルのためのソースコードが含まれています。 詳細については、次の項目「WPFのためのPrismライブラリを使用しているコード・サンプル。」を参照してください。

  • Prism Library Hands-on-Labを使用してみましょう(原文リンク)
  • このhands-on labは、ステップ・バイ・ステップで、WPFで単純な複合アプリケーションを構築することを説明します。 それは、主に、Prismライブラリの基本的な概念を理解したい開発者を対象としています。

  • PrismライブラリHands-on Labを使用して、アプリケーションの公開と更新をします。(原文リンク)
  • このhands-on labでは、あなたに、ClickOnceで、 PrismのWPFアプリケーションを公開して、更新するプロセスを説明します。

コード・サンプルを調べる

Exploring the Code Samples

コード・サンプルは、特定のPrismに関連する概念を説明します。あなたが、重要な概念を理解したい場合、 サンプルは、理想的な出発点です。そして、あなたは、ソースコードを調べることによって、 新しい技術を快適に学んでいきます。Prismは、次のものが含まれています。:

  • 株トレーダーの参考になる実装(外部サイト)
  • 株トレーダーRIは、複合アプリケーションです。それは、Prismライブラリを使用して、基本的なアーキテクチャの実装を説明します。

  • モジュール方式のクイックスタート(外部サイト)
  • これらのクイックスタートは、モジュールで構成されるWPFアプリケーションをどのように、構築するかを説明します。 シェルに、モジュールのアセンブリへの参照が含まれている、あるいは、動的に、読み込まれているとき、 モジュールが、実行時に、動的に検出され、読み込まれるとき、モジュールは、静的に読み込むことができます。 また、クイックスタートは、UnityコンテナとMEFを使用して、説明します。

  • インタラクティブ性のクイックスタート(外部サイト)
  • このクイックスタートは、ViewとView Modelの互いの連携を、どのように作成するかを説明します。 View Modelが、ユーザーと相互作用する必要があるとき、あるいは、ユーザー・ジェスチャーは、コマンドを呼び出すイベントを呼び出す必要があります。 View Modelの、これら各々の筋書きには、Viewを知っている必要はありません。 InteractionRequestsとInteractionRequestTriggersを使用して、最初の筋書きが、処理されます。 2つ目の筋書きは、InvokeCommandActionによって処理されます。

  • MVVMクイックスタート(外部サイト)
  • 妥当性検証、UIの相互作用とデータテンプレートのような、開発者が直面する、 より一般的な難問のいくつかを示す、このクイックスタートは、MVVMプレゼンテーション・パターンを実装し、 どのように、アプリケーションを構築するかを説明します。

  • 命令のクイックスタート(外部サイト)
  • このクイックスタートは、Prism.Mvvmライブラリで、分離された方法で、UIの動作を処理するために、 提供されるコマンドを使用するWPFのUIを、どのように構築するかを説明します。

  • UI構成のクイックスタート(外部サイト)
  • このクイックスタートは、異なるビューで構成されるWPFのUIを、どのように構築するかを説明します。 それは、動的に領域にロードされます。そして、それは、切り離された形で互いに対話します。 それは、両方のビューの検出、そして、UIの構成のための、ビュー注入の方法、を、どのように使用するかを説明します。

  • 状態に基づいたナビゲーションのクイックスタート(外部サイト)
  • このクイックスタートは、単純な、アプリケーションのナビゲーションを定義するための方法を説明します。 このクイックスタート内の使用されるアプローチは、異なる状態を定義するために、WPFの表示状態マネージャー(VSM)を使用します。 アプリケーションは、状態の間に、状態と遷移のためのアニメーションを持っており、そして、定義します。

  • 表示を切り替えるナビゲーションのクイックスタート(外部サイト)
  • このクイックスタートは、Prismの地域ナビゲーションAPIを、どのように使用するかを説明します。 クイックスタートは、領域で、ビューを操作することが含まれている、もう一つのビュー(入れ子にされたナビゲーション)に含まれている領域のビューを操作する、 ナビゲーションジャーナルのサポート、ジャスト・イン・タイム・ビューの作成、ビューに移動するとき、文脈上の情報を渡します。 ナビゲーションに関与しているViewとView Model、 そして、モジュール方式とUIの構成を通してビルドされるアプリケーションの部品として、 ナビゲーションを利用する、複数のナビゲーションの筋書きを示します。

  • イベント集約のクイックスタート(外部サイト)
  • このクイックスタートは、Event Aggregatorサービスを使用するWPFアプリケーションを、 どのように、構築するかを説明します。このサービスは、あなたが、アプリケーションにおいてコンポーネントの間で疎く結合した通信を確立することができます。

詳細情報

Prismは、あなたが、WPFを実際に経験していることを前提としています。 あなたが、WPFについての全般的な情報を必要とする場合、次のリソースを参照してください。:

  • Windows Presentation Foundation on MSDN.
  • MacDonald, Matthew. Pro WPF in C# 2010: Windows Presentation Foundation in .NET 4, Apress, 2010.
  • 書籍の画像は、販売サイトにリンクさせています。

  • Nathan, Adam. WPF 4 Unleashed. Sams Publishing, 2010.
  • 書籍の画像は、販売サイトにリンクさせています。

関連書籍

書籍販売サイトにリンクさせています。

コミュニティ

Prismのコミュニティの場所は以下の通りです:

これらのコミュニティサイトでは、あなたは、質問を投稿、フィードバックを提供、他のユーザーとアイデアを共有し結合することができます。 また、コミュニティ・メンバーは、拡張とトレーニング資材のような、Microsoftの計画、将来提供されるテスト、追加された内容をダウンロードすることを助けることができます。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system