ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > Prism

ベクトルドロー・レベルゼロ+

Prism Library 5.0 for WPFを使用してMVVMパターンを実装する 04[C# WPF Prism]

原文

訳文

Implementing the MVVM Pattern Using the Prism Library 5.0 for WPF(外部サイト)

パターンと実践 ディベロパー・センター

Microsoft Prism Library 5.0 for WPFの開発者のガイドから:

重要な決定事項

Key Decisions

あなたが、あなたのアプリケーションを構築するために、MVVMパターンを使用することを選択するとき、 あなたは、後で変更するのが難しい、特定の設計決定を作成する必要があります。 通常、これらの決定は、アプリケーションで広範囲に、 そして、それらは、アプリケーションを通じて、一貫して使用され、開発者と設計者の生産性を改善するでしょう。 次の要約は、MVVMパターンを実装するとき、最も重要な決定をまとめています。:

  • あなたが使用するViewとView Modelを構築する方法を決定します。あなたは、あなたのアプリケーションが、 まず、ViewやView Modelを構築する場合、そして、UnityやMEFのような、依存関係注入コンテナを使用するかどうかにかかわらず、決定する必要があります。 あなたは、通常、これが、アプリケーションで広範囲に一貫性のあることを望みます。 詳細については、構築と接続の項目と高度な構築と接続、高度なMVVMの筋書きの項目を参照してください。
  • あなたが、コマンド・メソッドやコマンド・オブジェクトとして、あなたのView Modelから、コマンドを公開する場合、決定します。 コマンド・メソッドは、簡単に公開でき、ビュー内で動作を通して呼び出すことができます。 コマンド・オブジェクトは、コマンドをきちんとカプセル化することができます。そして、有効/無効ロジック、 そして、動作を通じて、あるいは、ButtonBaseから派生したコントロールのCommandプロパティを通じて、呼び出すことができます。 あなたの開発者とデザイナーが、それを簡単に作成するために、 このアプリケーションで広範囲に選択することは、優れた発想です。詳細は、この項目の、コマンド、トピックを参照してください。
  • あなたのView ModelsとModelが、どのようにエラーをビューに報告するかを決定します。 あなたのモデルは、IDataErrorInfoやINotifyDataErrorInfoのどちらかをサポートすることができます。 すべてのモデルが、エラー情報を報告する必要があるわけではありません。 しかし、それらを行うために、あなたの開発者のために、一貫した方法があることは、好ましいです。 詳細については、この項目で、データ検証とエラー報告の項目を参照してください。
  • Visual Studio 2013のためのMicrosoft Blendの設計時のデータ・サポートが、 あなたのチームにとって重要かどうか決めます。あなたが、あなたのUIを設計し、維持するために、Blendを使用したい、 そして、設計時にデータを見たいと思う場合、あなたのビューを確認します。 そして、View Modelは、パラメータがないコンストラクタを提供します。そして、あなたのビューは、 設計時のデータ・コンテクストを提供します。他の方法として、設計時の属性を使用して、 Visual Studio 2013のためのMicrosoft Blendにより提供される、d:DataContextとd:DesignSourceのような、 設計時の機能を使用することについて考えてみてください。 詳細については、ユーザー・インターフェイスを構成するの中の、 デザイナーが親しみやすいビューを作成するためのガイドラインを参照してください。

詳細情報

More Information

WPFのデータ結合の詳細については、MSDNのデータ結合(原文リンク)を参照してください。

WPFのコレクションの結合の詳細については、MSDNのデータ結合の概要(原文リンク)の中のコレクションを結合する(原文リンク)を参照してください。

プレゼンテーション・モデル・パターンの詳細については、Martin Fowlerのwebサイトのプレゼンテーション・モデル(原文リンク)を参照してください。

データ・テンプレートの詳細については、MSDNのデータ・テンプレート概要(原文リンク)を参照してください。

MEFの詳細については、MSDNのManaged Extensibility Frameworkの概要(原文リンク)を参照してください。

Unityの詳細については、MSDNのUnityアプリケーション・ブロック(原文リンク)を参照してください。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system