ホーム > コンピュータ > C# > WPF in C# > Webツール開発

ベクトルドロー・レベルゼロ+

Webツール開発[C#WPF]

新規作成日 2015-09-25
最終更新日

このページについて

WPFを使用して、Webコンテンツ作成のためのデスクトップアプリケーションを作成するための書き溜めていきます。

ローカルPC上で、ホームページコンテンツを作成したり、管理するアプリケーションを作成したいと考えました。 そこで、関連するクラスについて調べたり、サンプルコードを動かしたりしていきます。

Web上では、Formアプリケーション、ASP.NETアプリケーション、WPFアプリケーションの情報が混在していますが、ここでは、WPFアプリケーションについてのみ扱います。

WebBrowserクラス(外部サイト)

WPFでwebに関連したクラスで、一番目立つクラスなので、このクラスのサンプルコードから確認していこうと思います。

WebBrowserクラス解説(和訳)

WebBrowserクラスの解説が、英語表記でしたので、和訳しました。

サンプルコードを参考にプログラミングしてみます。

javaスクリプトエラーが発生し、ブラウザが古いと警告されます。

HTML to XAMLコンバーター

WPFで、htmlを扱う場合、「HTML to XAMLコンバーター」を利用する方法があります。ただ、日本語で提供されている情報は、まず、ありません。

関連リンク

サイト内の関連リンク

WPF以外の方法についてのリンク

C#でブラウザを実装する

C#でブラウザを実装する方法のまとめリンク

C#でWebページを処理する

C#でWebページを処理する方法のまとめリンク

ページトップへ
C#トップ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system