DiskWizardで、HDDのクローンを作成します。

ホーム > コンピュータ > パソコントラブル > HDDのクローンを作成します

作成日 2015.03.22
最終更新日 2015.03.22

概要

パソコンを使用していると、システムドライブが一杯になってしまうことがあります。

利用頻度の低いアプリケーションを削除していく方法もありますが、この方法は、あまり効果がありません。

システムドライブを大容量HDDに交換する方法が、一番楽で効果が長く持続します。

このページでは、システムドライブを交換するために、HDDのクローンを作成する方法を紹介します。 このページでは、Seagate(シーゲート)が提供するDiskWizardを使用します。 使用するには、パソコン内にSeagate(シーゲート)HDDが存在する必要があります。

作業の流れ

新しいHDDを用意する

現在使用しているHDDと同じ寸法、同じインターフェイスで容量の大きいHDDを選択します。

コピー元のHDDとコピー先のHDDの両方を同時につないでおく必要があります。

外付けケースを使用する場合は、eSATA > USB3 > USB2の順序で早くなります。 そのため、利用できれば、eSATAやUSB3のものを選択したほうが作業が楽になります。

HDDのクローンを作成する

HDDクローンを作成できるソフトを使用して、クローンを作成します。

コピー元のHDDと、コピー先のHDDのメーカーと容量を確認しておきましょう。同一容量、同一メーカーのHDDで区別が 難しければ、対象としないHDDを外しておくと、意図しないHDDに書き込む操作ミスを防ぐことができます。

HDDを交換する

コピー元のHDDを外し、その位置に、コピー先のHDDをつなげます。コピー元のHDDは、動作確認が済むまでデータを消してはいけません。

きちんと動作するか確認します

パソコンを起動して、ちゃんと起動するか確認します。

起動しなければ、元のHDDに戻し、コピー元、コピー先のHDDにチェックディスクを実行し、再度クローンを実行します。 それでもできなければ、HDDが壊れかけている可能性があります。ファイルエクスプローラーで、 可能な限りデータを他のディバイスにコピーして、データのバックアップをとります。 そして、ディスククローンをあきらめて、OSのクリーンインストールを行います。

元のHDDを他の用途に利用します。

きちんと起動することが確認できたら、コピー元のHDD内のデータは不要ですので、消去して他の用途に使用できます。 誤って、他のHDDを消去しないように注意しましょう。

ダウンロードとインストール

HDDのクローンを作成します

DiskWizardを起動します

DiskWizardを起動します

「ディスクのクローン作成」をクリックします

「ディスクのクローン作成」をクリックします

自動を選択します

自動を選択します

自動を選択し、「次へ」を押します

コピー元のHDDを選択します

コピー元のHDDを選択します

コピー元のHDDを選択します.今回は、システムの入ったHDDです.

コピー先のHDDを選択します

コピー先のHDDを選択します

確認のダイアログが表示されます

確認のダイアログが表示されます

再起動が要求されます

再起動が要求されます

Windows上で、クローンが作成されるわけではなく、独自OS上で、ディスククローンを作成するため、再起動が求められます. ここで、HDDを高速なインターフェイスで接続しておいたほうが、処理が早く終わります. また、作業中にパソコンで他の作業が行えませんので、問題が無い状態で実行する必要があります.

DiskWizardを起動します

DiskWizardを起動します

DiskWizardに失敗します

DiskWizardを起動します

なぜだかわかりませんが、高頻度で、この画面でフリーズし再起動に失敗します。NumLockキーを押してもLEDの追従が無いので再起動しました。 操作は、初めからやり直す必要があります。

ディスククローンが進行します

DiskWizardを起動します

数度やり直すと、正常に起動しました。1時間ほど放置しするとPCの電源がシャットダウンされていました。

HDDを交換します

起動ディスクが設置していた場所に、クローンでコピーを作成したHDDを設置します。 もともと、起動ディスクに接続していたケーブルに接続するとトラブルを回避できます。

これで操作は、完了です。PCが今まで通り起動できるか確認しましょう。

ページトップへ
パソコントラブル
コンピュータ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system