ホーム > コンピュータ > パソコントラブル > HDD

ベクトルドロー・レベルゼロ+

HDD側のSATAコネクタが折れた

作成日 2015-08-26
最終更新日

概要

SATAコネクタは、設計不良ではないでしょうか?形状の問題で、構造上の強度が確保されていない気がします。 つまり、折れます。コネクタを折ったのは、私だけではないはず。と検索をかけるとたくさん出てきます。コネクタ形状を変更してもらいたいものです。

対処

折れた爪を、ケーブル側のコネクタに入れ、HDDのコネクタに差し込みます。

そのままだと、すぐに抜けてしまうので、グルーガンを使い、樹脂で固定します。

ケーブルは交換できなくなりますが、問題無く使用できます。

参考:グルーガン(ホットボンド)

関連サイト

熱で変形するのか、ケース内で、STATケーブルを差し込んだコネクタが変形し、お辞儀していることがよくあります。

おそらく、設計不良で、構造上、強度が確保されていない形状なのだと思われます。

多くの人が、同じ問題で困っているはず。そう思い、同様のトラブルを紹介している記事を検索して見ました。

早く、コネクタの形状を変更してもらいたいものです。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system