HDDの不良セクタを監視する

ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > パソコントラブル > パソコンの廃棄するためのデーター回収

概略

HDDが突然壊れると、作成したり、集めたりしたデータがなくなってしまうので被害甚大です。 バックアップソフトのスケジュールを利用したHDDのこまめなバックアップも重要ですが、 HDDの劣化を監視して、動かなくなる前に新しいHDDに移行することも合わせて重量です。

HDDの壊れ方

基本的には、次の3つです。

モーター

パソコンの電源を入れた際には認識せず、再起動させて認識させる。寒い日は、部屋が暖かくなるまで認識しないのは、 モーターや軸受、軸、電源などモーター駆動に関係した不具合です。 電源ユニットの劣化による出力低下、増設による電源の不足が原因の場合もあります。 使っていくうちに、軸受や軸、モーターが劣化し、回転しにくくなっていいる場合もあります。 電源を交換して、変化が無ければ、動くうちにHDDを交換しましょう。

制御基板

いきなり認識できなくなります。明確な予兆が少ないです。シークエラーレートが高い場合は、注意して、バックアップ頻度を上げましょう。 ファイルの読み書きに時間がかかったり、アプリケーションの急なフリーズが高頻度で、発生し、チェックディスクを実行しても改善しない場合、注意が必要です。

ディスク

不良セクタ、回復不能セクタの値が急増したら、交換用のHDDを発注、気になる場合は、使用を中止し電源を外しておきましょう。 交換用のHDDが届いたら、データをコピーします。データのコピー後、必要であれば、HDDのデータ消去操作を行います。 その後、RMAの条件に適合するまで、消えても損害が少ないデータに使用します。

HDDのSMARTを監視する

SMARTを監視ツールを常駐させます。

CrystalDiskInfo

HDDのSMARTステータスを監視するソフトを常駐させ、値に変化があったら通知してもらいます。

不良セクタ、回復不能セクタ

SMARTステータスを監視して、故障を予期できるのはこのパラメータのみです。単発での発生は、気にする必要がありません。 正常にセクタの代替が行われていればデータが消えることはまずありません。

HDD交換時の判断

不良セクタ、回復不能セクタが急増し始めた時に、交換すれば間に合います。この状態のHDDを使用するとアプリケーションで不具合が多発します。 TV録画に使用すると、録画失敗が多発します。
不良セクタの代替が多発する例
セクタ代替の急増

右側のなだらかにグラフが上昇するところでは、常に、セクタ代替の発生が通知され続けることになります。

明らかに、不具合が発生していますが、この状態では、OSの警告はなく、このHDDを利用するアプリケーションで、動作の遅延が発生するのみです。 チェックディスクを実行しても、HDDが不良セクタの代替を行っているので、OS側からは不具合はわかりません。この状態になったら、交換用のHDDを発注します。 他のHDDに空き容量があれば、データを移してしまってもいいと思います。

代替処理済みのセクタ数

この下の「しきい値」直線を割り込むとOS側に通知が伝えられると思います。それまでは、故障判定されないので、RMAの実行条件に当てはまりません。

一時的な値の頭打ち

不良セクタはこのまま急増するわけではなく、一時的に、増加の速度が収まります。しばらくすると、また、急激に増加するはずです。

不良セクタの修復

チェックディスクを実行します。

HDAT2(外部サイト)

HDDデーターのコピー

コピー先のHDDを接続して、HDDをマウントします。 エクスプローラーでコピー元のファイルを選択し、切り取り、コピー先に貼り付けます。 切り取り-貼付けするのは、途中でコピーが異常終了し、再度コピーする際、切り取り-貼付けであれば、コピーが終わったファイルは削除されているので、 重複しているかのチェックが不要になるからです。バックアップツールでイメージコピーすると作業は早いですが、コピー元のHDDが正常ではないのでトラブルのもとになります。
コピーが終了したら、コピー元のHDDをフォーマットします。セクタ不良が解消されて使える用になる可能性があります。 コピー元のドライブ文字を使われていないものに変更し、コピー先のドライブ文字をもとのコピー元のものに変更するとファイル名の変更の手間が無くて楽です。

HDDのフォーマット

フォーマット後
コピーが終了したら、コピー元の不良セクタが多発したHDDをフォーマットします。クイックフォーマットのチェックは、外して実行します。 かなり時間がかかりますので、寝る前に実行するとよいです。
フォーマット後、様子を見ながら使用してみます。不良セクタが発生しないようなら問題無く使用出来ます。
フォーマット後、不良セクタは発生しませんでした。しかし、翌日、HDDがら異音が出るようになり、ドライブが認識できなくなりました。 「ディスクの管理」からも認識させることができませんでした。私があまり出会ってこなかった壊れ方のパターンです。 この現象が発生している間、SMARTステータスに変更は発生しませんでした。
異音が発生するということは、ディスクかヘッドに問題が発生していると思われます。Seagateは、これらの部品の耐久性が低いのでしょうか。

フォーマット後、すぐにRMAチェックツールを実行するのが正解だったようです。

ファイナルデータで認識できるか確認して見る

ファイナルデータで、認識できないHDDを認識させることができるといわれていますが、今まで確認する機会が無かったので、この機会に確認して見ます。 かなり、時間がかかるはずなので、その間他の作業ができなくなります。メインで使っているコンピュータでは、実行せずに、他のパソコンで実行するのがポイントです。

実際に行って見ると

別のパソコンに、この壊れたHDDを接続して、起動しようとするとBIOSチェックに引っかかって起動できません。 仕方なく、元のパソコンで、ファイナルデータで確認してみますが、HDDが見つかりません。 ヘルプによると物理的な障害には、対応できないと書かれているので、ここであきらめます。

RMA条件になるまで待つ

通常は、コピー元のセクタ不良が多発したHDDは、不良セクタは発生するものの、この後1か月ほど使えます。(フォーマットで問題が解消するものもあります。) それまではRMA条件に適合しないので、チェックツールをまめに実行しRMA条件に適合するのを待ちましょう。今回はすぐ壊れたので、待つ必要はありませんでした。

実際に行って見る

通常RMAツールで、HDDのチェックと申請書を自動作成するのですが、すでにこの時点で、このHDDはパソコンで認識できません。 ちなみにSeagateの中国産です。

RMA保証期間の確認:Seagate

残念ながら保証期間外でした。
ページトップへ
パソコントラブル
コンピュータ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system