低価格カラーレーザープリンタを比較する


ホーム > コンピュータ > パソコントラブル > 低価格カラーレーザープリンタを比較する

ページ作成日 2015.05.16

背景

今まで、4年ほど使用していたCASIOの SPEEDIA V2000が壊れてしまいました。 修理は、プリンタを送り返すのではなく、サービスマンの出張修理となり、修理の概算価格を確認し、買い替えることにしました。 結局、トナーは、1回も交換しませんでした。プリンターがオンラインにならないので総印刷枚数は不明ですが、半分ほどトナーは残っていたと思います。 結果として、大変お買い得なプリンタでした。同じ機種の再購入を考えたのですが、2万円ほどで購入したのですが、同機種や後継機種 (speedia V2500)は7万円ほどで、 実勢価格は、同社A3機( speedia GE5000 )とほぼ同じ値段になっています。 内部はかなり改良されていると思われますが選択する必然はないと思います。 それはそれとして、同機種や後継機種は予算外になってしまったので、別のプリンタを選定したいと思います。

買い替えの検討

比較検討項目

サイズの問題からA4機に限定します。2つ折り製本を考えている場合は、A3機がいいと思います。

インクジェットプリンターを購入せずに、レーザープリンタを選択するのは、印刷頻度が低いので、ヘッドが詰まって壊れてしまったり、 ヘッドクリーニングで、インクの消耗が速いためです。ですが、レーザープリンターにも印刷頻度が低いことはキビシイ使用環境だと思います。

価格

前回と同じ実売2万円前後で機種選択します。A3機の価格も確認しておきましょう。

スタートアップトナーの量

カタログでスタートアップトナーの量を確認できる機種が多いです。トナー交換は、この価格帯だと、4本すべて交換すれば本体より高額になりますので、 購入時に付属するトナーの量は重要です。 印刷量が多かったり、ベタ塗りを多用することが予測される場合は、スタートアップトナーの量が多かったり、大容量トナーが用意されている 高性能グレード機やA3機を選択したほうが、ランニングコストも安く、印刷速度も速くなり、結果として安くなる可能性が高いです。

両面印刷とその速度

私は、基本的に両面印刷しか使いません。両面印刷は、両面印刷は、端をホチキスで止めると、読みにくいです。 しかし、私は、少量の場合はルーズリーフに印刷し、バインディングファイルに綴じ、 多くなれば、ホットメルト製本で製本してしまうので、 片面印刷はまず使用しません。そのため、両面印刷の印刷速度が重要になります。 また、設置場所と、購入価格が許せば、A3機を購入し、冊子印刷の後、 中綴じホチキスで綴じれば読みやすさが向上します。

両面印刷は、印刷できる用紙サイズが限定されます。 レーザープリンターでは、はがきは、両面印刷できない機種が多いです。

用紙トレイのサイズ

用紙トレイのサイズが500枚以上あるとPPC用紙が一包まとめて入るので、用紙の保管がかなり楽になります。 しかし、このページ作成時では、ターゲットとする価格帯では、その能力がある製品は存在しません。

価格による機種の選定

価格比較サイトで調べる

カラーレーザープリンタに関しては、 価格.comより、 coneco.netの方が情報が充実しているようです。両方確認しましょう。 この違いは、アマゾンのマーケットプレースの出品を掲載できるかの違いによるようです。 オークションで、新品未使用品が出品されていることもあます。気にならない方はこちらも確認しましょう。

商品をピックアップ

このページの作成時点での最安値、A4で25000-、A3で40000-まで調べました。カラーで、両面ユニット対応品です。

検討項目を比較してみると、CASIOのspeedia V2000は、かなり良い性能だったことがわかります。

A4カラー・両面印刷対応

製品名  印刷速度  スタートアップトナーの量 印刷コスト(*3)
カラー モノクロ
片面 両面 片面 両面 カラー モノクロ カラー モノクロ
IPSiO SP C241 (*5) 20 12 20 12 1000 1000 12 3
IPSiO SP C230L (*5) 16 11 16 11 1000 1000 16.4 3.7
COREFIDO C301dn (*5) 20 11 22 11 750(*2) 750(*2) 17.9 3.9
Lexmark C544dn (*5) 23 12 23 12 2500 2000 (*4) (*4)
Lexmark CS510de (*5) 30 15 30 15 6000 4000 (*4) (*4)
JUSTIO HL-3170CDW (*5) 22 7 22 7 1400(*1) 1400(*1) 17.3 3.7
↓今まで使用していたもの
SPEEDIA V2000 (旧製品)(*5) 25 25 25 25 2200(*1) 2200(*1) 11.5 2.8
↓A3機で40,000-以下で両面印刷対応のもの
Satera LBP9100CS (*5) 20 10 20 10 4000 3100 12.4 2.9

(*1) メーカー純正トナーの一番量の少ないものと推定して記載した。
(*2) 印刷可能枚数が極端に少ないトナーが同包された製品があり、トナーの提供が行われた。 該当ロットであれば、連絡がくるはずなのでユーザー登録をしておくことをお勧めします。
(*3) 大容量トナーが用意されていると印刷コストは下がる傾向がある。
(*4) トナーと感光ドラムが分離した構造なので、トナー価格だけでは印刷コストは推測できません。
(*5) アマゾンの該当商品ページにリンクしています。

評価

このページ作成時では、印刷速度とスタートアップトナーの量から、Lexmark CS510deがお得感があります。 個人での使用であれば、プリンターが壊れるまで、トナーを交換する必要はないと思います。ちなみに、メーカーのレックスマークは、船井電機に事業承継 されています。製造は、もともと船井電機だったようです。

注意

A4レーザープリンタの両面印刷は、ほとんどの機種で、A4しか対応していません。 そのため、はがきの両面印刷はできません。レーザープリンタではがきの両面印刷に対応しているものは、おそらくない と思います。 B5等他の用紙サイズで両面印刷をしたい場合は、OKIの製品を使用するか、 A3機を選択する必要があります。

ページトップへ
パソコントラブル
コンピュータ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system