ホーム > コンピュータ > 翻訳ブレイン3を使った翻訳

ベクトルドロー・レベルゼロ+

翻訳メモリデータをインポートする[翻訳ブレイン3]

作成日 2015-08-19
最終更新日

状況

翻訳ブレイン3を使用している際に、コンピュータが異常終了しました。

パソコンを再び起動して、翻訳ブレイン3を起動すると、翻訳メモリのユーザー辞書が開けなくなりました。

翻訳メモリのユーザー辞書が開かない

そこで、翻訳ブレイン3を終了し、壊れたユーザー辞書を削除し、翻訳ブレイン3を再び起動することで、ユーザー辞書が新規に作成されました。辞書は、これで、空の状態になりました。

データをインポートする

以前に、翻訳メモリ内のデータをエクスポートしていたことがあれば、その時点までの辞書データをインポートで取り込むことができます。

インポート
翻訳メモリ→インポートを選択します。
インポートするファイルを指定します。

インポートするファイルを指定します。

※画像は、インポートした後のものを使用しています。

インポートするファイルを指定します。

エクスポートした時の形式によりますが、ここでは、ファイル形式にタブ区切りファイルを選択します。

ファイルを選択します

ファイルを選択します。

OKを押すと登録が始まります

OKを押すと登録が始まります

ページトップへ
「翻訳ブレイン3を使った翻訳」へ

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system