ホーム > コンピュータ > 翻訳ブレイン3を使った翻訳

ベクトルドロー・レベルゼロ+

翻訳メモリデータをエクスポートする[翻訳ブレイン3]

作成日 2015-08-19
最終更新日

概要

翻訳メモリをエクスポートしておくと、あとで、登録データを読み込むことができます。

定期的にエクスポートしておくと、辞書が壊れたときなど、エクスポートしたデータが存在するところまでデータを復旧することができます。

データをエクスポートする

エクスポートを選択します
翻訳メモリ→エクスポートを選択します
出力先ファイルを指定します。
出力先ファイルを指定します。
ファイル名を指定します。
ファイル名を指定します。フォルダに分けておいたほうがわかりやすくなります。
OKをクリックします
OKをクリックするとエクスポートが開始されます。

ページトップへ
「翻訳ブレイン3を使った翻訳」へ

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system