翻訳ブレイン3 vs LogoVista2015

ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > 翻訳ブレイン3を使った翻訳 > 00001

作成日 2014.10.11

概要

LogoVistaから、「LogoVista PRO 2015」が発売されたので、私が持っている「翻訳ブレイン3」と翻訳精度を比較してみました。 方法は、公式ホームページに掲載されている、翻訳例の原文を「翻訳ブレイン3」で訳してみました。
使用した「翻訳ブレイン3」は、初期状態ではなく、私が常用して、単語辞書、翻訳メモリをまめに登録しているものです。
翻訳例は、わずか7文しか登録されていませんが、参考になるかもしれません。個人的な意見としては、体験版も用意されていない、 そして、それなりの価格の製品なので、翻訳例は、少なくても100文程度は明示してほしいと思います。

翻訳ブレイン3

LogoVista PRO 2015

対象英文の所在

「LogoVista PRO 2015」の製品紹介ページに掲載された例文を使用しました。

翻訳例を比較

「翻訳ブレイン3」、「LogoVista2015」だけでなく、無料で使用できるWebサービスで翻訳した結果も併記しました。 Web翻訳では、google翻訳のように、利用者が学習させると、それ以降の翻訳結果がその学習結果を反映させたものになるものがあります。 したがって、私が使用する前に、誰かが翻訳した結果を入力していれば、翻訳エンジンの機械翻訳能力とは関係なく、その結果が反映されていることになります。 「LogoVista 2015の翻訳結果」は、Webサイト上で、提示されているものを転載しています。「辞書連携機能」で紹介されている例文では、「連携あり」の結果を掲載しています。

原文

Although Henry held the abbacy for a relatively short time, he had made quite an impact.
※目的語によって動詞の意味0が選択される機能があれば、この例文に意味があるような気がするが「held the abbacy」、そうでなければあまり考える必要は無い。

LogoVista 2015の翻訳結果

ヘンリーが比較的短い時間大修道院長の職を持ったけれども、彼は(すでに)なかなかの影響を与えていました。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

ヘンリーが比較的短い時間のための修道院長の職を格納したにもかかわらず、彼は相当な影響を作成しました。

google翻訳の翻訳結果

ヘンリーは、比較的短い時間大修道院長の職を開催しましたが、彼はかなりの衝撃をしていた。

weblio翻訳の翻訳結果

ヘンリーが比較的短い時代のために修道院長の職を持ったが、彼は相当な影響を作りました。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

ヘンリーが比較的短い時代のために修道院長の職を持ったが、彼は相当な影響を作りました。

原文

A chafing dish is a container used for keeping cooked foods warm, usually on a buffet or for catering.
※これは、翻訳の単語選択の問題。言い回しに合うように単語の訳を変更していけばいい。 自動で適切な訳語が選択されるのであれば素晴らしいが、そうでなければあまり考える必要は無い。

LogoVista 2015の翻訳結果

こんろ付き卓上なべは、通常ビュッフェに関して、料理された食物を温かく保つことに対して、あるいは賄いをすることに対して使われる容器です。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

通常軽食の上で、または、仕出しのための、加熱皿は、暖かい料理された食品を保持することのための使用されるコンテナです。

google翻訳の翻訳結果

擦れ料理は普通のビュッフェやケータリングのために、温かい調理食品を保持するために使用されるコンテナです。

weblio翻訳の翻訳結果

通常軽食の上で、または、仕出しのために、加熱皿は、料理された食品を暖かくしておくために使われる容器です。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

通常軽食の上で、または、仕出しのために、加熱皿は、料理された食品を暖かくしておくために使われる容器です。

原文

Even to a claustrophobe, the narrow cave between two giant boulders felt strangely inviting.
※「felt strangely inviting」をどうとらえ、どのように登録するかの問題。これは、機械翻訳でなくても訳せないのではないだろうか。

LogoVista 2015の翻訳結果

閉所恐怖症患者にさえ、2つの巨大な丸石の間の海峡洞穴は奇妙に魅力的な感じがしました。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

さらに閉所恐怖症患者にとって、2個の巨大な玉石の間の狭い洞穴は、妙に求めることを感じました。

google翻訳の翻訳結果

でも閉所恐怖症患者に、2の巨大な岩の間の狭い洞窟が妙に魅力的に感じました。

weblio翻訳の翻訳結果

閉所恐怖症患者にとってさえ、2個の巨大な玉石の間の狭い洞穴は、妙に招いていました。
閉所恐怖症患者にとってさえ、2個の巨大な玉石の間の狭い洞穴は、不思議なことに招いていました。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

閉所恐怖症患者にとってさえ、2個の巨大な玉石の間の狭い洞穴は、妙に招いていました。

原文

The stopping distance changes differently as the speed increases.
※「stopping distance:停止距離」を名詞で登録し、「change differently:異なる変化をする」を動詞で登録します。 それでも、「as」の訳をうまく指定できないので、「翻訳ブレイン3」では、文章として成り立ちません。 参考(単語登録後の訳)「速度が増加して、停止距離は異なる変化をします。」

LogoVista 2015の翻訳結果

スピードが増加する(とき・から・につれて・ように)、車間距離は異なって変化します。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

距離が速度として異なって変更する停止は、増加します。

google翻訳の翻訳結果

停止距離は、速度が上がると異なって変化する。

weblio翻訳の翻訳結果

速度が増加して、止まっている距離は違って変わります。
速度が増加して、中止距離は違って変わります。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

速度が増加して、止まっている距離は違って変わります。

原文

He threw his drink back and walked out of the bar.
※「throw back:一気に飲む」という熟語を「throw O back」とう形で認識できるように登録できるかという問題。 「翻訳ブレイン3」では、「動詞+目的語+back」という形では、単語辞書に登録できません。 「LogoVista」が単語登録に対応しているのか、組み込まれた単語のみに対応してるのかは不明です。 もう一つは、「work out of」をどう単語登録するかという問題。 「work out:立ち去る」を句動詞として1つの動詞として扱い、動詞+前置詞句で単語登録する。

LogoVista 2015の翻訳結果

彼は彼の飲み物を一気に飲んで、そしてバーから立ち去りました。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

彼はもとに飲物を投げて、バー無関係になって歩きました。

google翻訳の翻訳結果

彼が戻って彼の飲み物を投げ、バーの外に歩いた。

weblio翻訳の翻訳結果

彼は飲物を投げ返して、バーから歩きました。
彼は飲物を投げ返して、バーから急に出て行きました。
彼は後ろに飲物を放り投げて、バーから歩きました。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

彼は飲物を投げ返して、バーから歩きました。

原文

I'll have toast with just a lick of butter.
※ 「a lick of 名詞:少量の[名詞]」という表現が登録できるかという問題。 翻訳エンジンに「a 名詞1 of 名詞2」を認識させる構造が必要だと思われる。 「翻訳ブレイン3」では、「lick:少量」を名詞で登録する(されている)が、適切に翻訳に反映されません。 「lick of:少量の」を形容詞として登録しても、翻訳には反映されません。 「lick of butter:少量のバター」を名詞で登録すると翻訳に反映されます。

LogoVista 2015の翻訳結果

私はただ少量のバターとトーストを食べるでしょう。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

私は、実際にバターのひとなめで、トーストをとるでしょう。

google翻訳の翻訳結果

私はバターだけなめるとトーストがあるでしょう。

weblio翻訳の翻訳結果

私は、ちょうどバターのひとなめで、トーストをとります。
私は、ちょうどバターのひとなめで、乾杯を催します。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

私は、ちょうどバターのひとなめで、トーストをとります。

原文

The candidate was jubilant over winning the election.
※「jubilant over winning」辞書登録のために違和感がない直訳を考えるのが難しい例です。 これを違和感なく機械翻訳するのはすごいと思います。

LogoVista 2015の翻訳結果

候補者は選挙に勝ったことで歓喜に満ちていました。

翻訳ブレイン3の翻訳結果

対象は、選挙を得て、上に歓喜していました。

google翻訳の翻訳結果

候補者は、選挙に勝つオーバー歓喜だった。

weblio翻訳の翻訳結果

候補は、選挙に勝つことの上に歓喜していました。
候補は、選挙に勝って、もう一度歓喜していました。

Yahoo!翻訳の翻訳結果

候補は、選挙に勝つことの上に歓喜していました。

ページトップへ
「翻訳ブレイン3を使った翻訳」へ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system