ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > R言語の基礎

コンソール上で四則演算を行う[R言語]

作成日 2015.06.10
最終更新日 2015.06.10

概要

操作になれるために、コンソール上で四則演算を行います。

操作

RStudioを起動します。
起動アイコンをダブルクリックして、RStudioを起動します。必要であれば、更新を確認して、RStudioを更新します。
コンソールウィンドウ
左下のコンソールウィンドウの一番下の行が入力行です。ここに、キーボードで、コマンドを入力します。

四則演算を行う

1+1

キーボードで、「1+1」と入力し、続いて、[Enter]を入力します。[1]2と表示されます。[1]は、この行が、答えの最初の値から始まっていることを示しています。 R言語は、数の集合を扱うので、答えが複数行にわたる場合があります。それを示すのが[1]です。次に表示される2が答えです。

いろいろな計算
上から、「1+1」、「2-2」、「3×3」、「4÷4」を示しています。
複数項の計算
複数、項が存在しても計算できます。カッコ「()」も使えます。四則演算の優先順位は、数学と同じで、「×、÷」が「+、-」に優先します。
1行で複数の計算をする
1行で複数の計算をするには、「;」セミコロンで区切ります。
ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system